きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

大学にて

作品発表会

純心女子大学の前期の授業内で作ってきた人形劇の発表会がありました。
人形劇のテーマは『森のレストラン』。グループごとにお話を考え、人形を作り、小道具や背景を作って劇にしていきます。

同じテーマでも様々なお話になっていて、時には笑い声も上がりながらみんな楽しんで発表をしていました。
IMGP0535

IMGP0550

IMGP0556

IMGP0541

IMGP0545

IMGP0542

ダンボールでレゴ

今年の大学での工作の最後はダンボールと割り箸、ストローを使ってのレゴです。
IMGP0477
IMGP0513
ダンボールを適当な大きさに切って、側面の穴が四方を向くようにボンドで貼り合わせ、穴と穴を割り箸かストローでつないでレゴのようにいろいろな形に組み立てられるようにします

IMGP0502
IMGP0504
ストローでつなぎ合わせて、ちゃんと扉も開く家を造ったり、
IMGP0497
細かいパーツを組み合わせてユニコーンを作ったりとレゴっぽいものから
IMGP0528
IMGP0523
IMGP0533
IMGP0530
IMGP0531
ダンボールを組み合わせて作ってはあるもののレゴ?というものまで幅広い作品が出来ました


一方人形劇の方は今回は小道具作りや背景、劇の練習などをしていました。
IMGP0482
IMGP0490
人形も出来上がりました。
飛んでいるのではありません。耳をつけて乾かしているのです。
IMGP0486
IMGP0485
背景や小道具も着々と出来ていますが、発表は来週。間に合うかどうかは生徒さんのがんばりにかかっています。

くしゃくしゃしゃかしゃか

今回の大学での授業は、キラキラ絵とフロッタージュ作りをしました。

IMGP0411
まずは紙皿をくり抜いて、穴より少し大きくクリアファイルを切り取ります。
IMGP0413
IMGP0436
クリアファイルに絵を描いて、アルミホイルをくしゃくしゃにしたものといっしょに重ねてお皿とお皿の間に挟みます。
IMGP0437
IMGP0418
下をホチキスで止め、上は穴あけパンチで穴をあけてリボンを通せば出来上がりです

おつぎはフロッタージュです。
フロッタージュとは紙を石や木のざらざらした面に当ててこすると模様が写る技法、及びそれで作った作品のことらしいです。
IMGP0446
IMGP0439
IMGP0416
教室の壁紙やオフィスから持って来たかご、材料を入れていたダンボールなど思い思いの場所でこすってみてます。
IMGP0440
同じ模様を色を変えて塗る人も。
IMGP0422
IMGP0423
IMGP0449
模様を写した紙を組み合わせてひとつの作品にします。
IMGP0425
IMGP0450
出来上がり

さてさて、裏授業でしている人形劇制作はというと・・・
IMGP0433
IMGP0429
IMGP0431
進捗状況はまちまちのようですが、進んでいるようです。
ちょ〜っと間に合うのか不安。というグループは休み時間も制作してがんばって下さい。

純心ゲスト回

今年は工作を中心にしているので、唯一のゲストとなるたてかべ和也さん、矢口アサミさん、松本さちさんをお迎えしてのゲスト回です

IMGP0360
今年も教室の後から歌いながら登場したたてかべさん。
その後も矢口さん、松本さんの自己紹介映像、アフレコ体験、『しろいやみのはてで』の朗読など盛りだくさんの内容で、生徒さんたちも大盛り上がりでした。
IMGP0373
IMGP0364
IMGP0361

今年度は制作が多かったので、こうして座学をするのも初めてかも?
質問コーナーでもたくさんの質問が出ました。
IMGP0370
IMGP0367

最後はみんなで記念撮影
IMGP0375

ペットボトルアート

今回の純心女子大での授業は人形の頭のコーティング&衣装作り、ペットボトルアートの二本立てでした。
IMGP0239
木工ボンドに少し水を混ぜてゆるく溶いたものを前回作った頭の表面にかけて、乾かすと透明な膜が張ってつやつやになるのです
IMGP0270
IMGP0273
型紙通りにくりぬいて縫い合わせると人形の衣装の完成です。
飾り付けは後日個人の好みでしてくれるでしょう

続いてペットボトルアート。
みなさん工夫が光ります
IMGP0301
黄色いプラコップを乗せて赤鬼と青鬼。
IMGP0282
こちらはペーパーの芯を間に挟んでキスしている魚。だそうです。
IMGP0291
本物そっくりに描かれたコーラのペットボトル。
本物の中に混ぜ込んでみたいですね
IMGP0255
ペットボトルの底の形を活かしたツンツン頭の外国人。
IMGP0264
IMGP0265
こちらは表に描かれている柄の他に、裏側から透かすと別の柄のワンピースになるのですが、
ぴったりはまるように写真が撮れませんでした
IMGP0263
こちらはプラカップに絵を描いて、ペットボトルにかぶせると顔の表情が変わります。
IMGP0267
最後は色水を中に入れて水族館風。
これも技アリな感じです

みんなでぺたぺた2

先生の大学の授業は受講生を2グループに分けて同時に授業をするのですが、今回はAチームは人形の頭部作り、Bチームはスチレンはんこを作りました。
お刺身などが入っているスチレントレーを切って、はんこを作ります。

IMGP0177
鉛筆で筋をつけてもよし、形に切り抜いてもよしとみんな色々工夫しています。
IMGP0165
節の部分を開けて同じ形のスタンプを押して竹を作ったり、
IMGP0179
IMGP0178
トレーの側面の部分を使って、風を表現したり、
IMG_1180
IMG_1181
小さい魚のスタンプを作って、大きな魚の形を作ったり(スイミーみたい!)
IMGP0175
同じスタンプで色分けをして海藻を表現したり、
IMGP0197
IMGP0210
こちらも花の形1枚で魚を作り上げました。

IMGP0185
IMGP0211
二人で合作をした人も。ちなみに金閣と銀閣だそうです。
IMGP0188
こちらは三人の合作。



みんなでぺたぺた1

ゴールデンウィークと油彩展を挟んで少し間が空きましたが、純心での今回の授業は前回した紙粘土でパペットの頭作りをしました。

IMG_1174
まずは風船を使って頭部の土台作り。

IMG_1173
前回と同じように作って色を付けたものをラップに広げて
IMGP0203
IMG_1176
風船を中心に置いて包んだら、手で馴染ませつつ形を整えます。

IMGP0151
くっつかないようにラップをしいた紙筒の上に置いて乾かします。
IMGP0205
IMGP0208
耳をつけたり、二色で作ったりと人形ごとに異なるものを作るのは中々大変です。

みんなでこねこね

先月末、純心女子大にて授業をしてきました
今回の授業は工作中心ということで、トイレットペーパーで作る紙粘土で遊びました。
IMG_1104
まずはみんなでペーパーをちぎる所から。
出来上がった白い粘土は小さい器に取り分けて絵の具を混ぜて色を付けて、みなさん自由に形を作ります。
IMG_1116
立体を作る人がいたり、
IMG_1120
複数の色を使って細かく作る人がいたり、
IMG_1117
まるで何かの職人のようです

純心女子大の授業〜

純心女子大学では後期の授業で「マンガとアニメ」という授業のうち3回を担当しています。
今回はアニメをテーマに1回目の授業ではソーマトロープ(表と裏に絵が描かれた紙を回転させて残像によって、ひとつの絵に見える玩具)やフェナキストスコープ(円形の紙にスリットを入れ、パラパラマンガの様に絵を描いてまわすと動いて見える玩具)を見せて、宿題に出しました。

2回目の授業ではアニメの脚本もされている人をゲストに呼んで、アニメの脚本はどのように決まるのかや実際の台本などを見せてもらいました。
IMG_0644
IMG_0640
宿題に出していたフェナキストスコープの発表もしました。
IMG_0650

3回目の授業はアニメ監督をお呼びして、セル画を使ったアニメからデジタルへの移り変わりを実際に画像を見ながら説明してもらいました。
IMG_0656
IMG_0657
IMG_0660

純心女子大学授業

今年も純心女子大学での授業はゲストがいっぱいです。

まずはCMディレクターの高橋修一郎さん。
IMGP3306

アニメーターの吉良敬三さん。
IMGP3312
きむら先生との仕事の「パッコロリン」などNHK教育の映像を中心に見せてもらいました。

絵本作家のとよたかずひこさん。
IMGP3321
IMGP3331
紙芝居や大型絵本などもお持ち頂き、絵本の制作秘話などをお話し頂きました。
生徒さんたちも紙芝居読みに挑戦

授業の最後はきむら先生も交えた質問タイム。
IMGP3311
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ