きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

作品の話

デジタルえほんが出来ました♪

きむら先生企画監修による、デジタルえほんアプリが出来ました

「スマほん」というアプリ内の「はじめてのえほん」シリーズとして第1弾の3作がリリースしました。
絵は絵本講座の生徒さんたちにお願いしました。
Android端末の方はこちら(Google Play)
ipadやiphoneなどはこちら(App store)
からアプリのダウンロードが出来ます。
「はじめてのえほん」シリーズをつなぐキャラクターはなんときむら先生の描き下ろしです

「スマほん」のアプリのダウンロードは無料ですし、試し読みが出来る作品もありますので、みなさまぜひダウンロードしてのぞいて見て下さいね

東京国際ブックフェア

ここ数年絵本講座の生徒さんと東京国際ブックフェアに課外授業で行っていたのですが、今年は金曜日のデイタイムクラスの方々と行ってきました。
CIMG3708
CIMG3707
CIMG3709
CIMG3710
CIMG3711
CIMG3712
CIMG3713

今人舎さんのブースにはきむら先生が絵を描いた本の原画と、秋に発売される絵本講座による復興支援絵本の原画が展示されていました。

号外〜号外〜

きむらゆういちファンには嬉しいビックニュースが
今まで内緒の話だったのが、今日解禁です

7年前にアニメ映画化され、それからはおいたち編など新刊はあったものの静かに動いていた「あらしのよるに」ですがこの度
アニメ化決定です!

テレビ東京にて4月4日から毎週水曜日夕方5時30分放送予定。
公式ページも出来ました。
アニメ映画の時とは全く違う絵柄ですし、ガブやメイの声優さんも一新して、また新しいあらしのよるにが出来ました。
皆様ぜひ、ご覧下さい。


そしてビッグニュウースはもうひとつ。
まずはこれを見て下さい。
20120210170728_00001

今度ポプラ社からきむら先生のおはなし集が出版されます
全5巻で、3月15日頃書店で販売予定です。
雑誌掲載のみで単行本化されていない作品も収録されていますし、それぞれに新しく描かれた挿絵もまた新鮮です

どちらも詳しい情報が入り次第、またお知らせしますね〜

実は・・・

現在アニメ化の話が進んでいる作品があります。
きむら先生はそのために、今月上旬にシンガポールに行って参りました。

SANY0002_1
先生が指差している所の文字を見てみると…「One Stormy Night 〜」そうなんです。今度あらしのよるにがテレビアニメになるんです
今回はシンガポールのアニメ制作会社で作ったものが日本を含めたアジア諸国で放映されるらしいと言う、大きなプロジェクトが進んでいたのです。
週1回の会議を重ねシンガポールにて制作発表となりました。
SANY0026_1
制作発表にて。シンガポールは英語圏なので、通訳付きで先生もスピーチをして来ました。

SANY0027_1
アニメ会社の社長さんと一緒にガブとメイの看板をはさんで。

また情報が入りましたら、お知らせしたいと思いますので楽しみにしていて下さい

新刊と嬉しい報告

ちょっと報告が遅くなってしまいましたが先月、新刊が発売されました。

tatukun
『たつくん おむかえドキドキ』
ふくざわゆみこ:絵 ポプラ社:刊
十二支のしかけえほんの第4弾。
楽しい事がたくさんあって、早く話したい時に限っておむかえがなかなか来ないというのは
よくある話ですが、そんな出来事も子どもにとっては大事件。
泣いている友だちを笑ったたつくんもいざ1人っきりになってしまうと・・・。

meihanannnimokowakunai
『メイはなんにもこわくない』
あべ弘士:絵 講談社:刊
あらしの夜に出会う前のちびガブの話が以前出版されましたが、今回はちびメイの話。
どうしてメイはあらしの夜の翌日オオカミだと知っても逃げなかったのか、
そのひみつがわかるかも?

どちらもぜひ手にとってみて下さいね

そして、こちらも11月に発売された絵本の嬉しい報告です。
編集者の方が見せてくださったのですが、千葉にある書店、良文堂八千代台ユアエルムさんで
こんな可愛いポップが作られていました。
kumanooisya_pop
ぜひ、こちらも書店で見つけたら手にとってみて下さいね

新刊ラッシュ♪

先日「あらしのよるに」に新シリーズが登場です!というお話をしましたが、7月は他にも新刊が発売されています

まず7月1日に『ひとりぼっちのガブ』(あべ弘士:絵 講談社:刊)が発売されました。
ご存知「あらしのよるに」シリーズの新シリーズ、ちびガブのお話でした。
みなさん地下鉄で流れていたCMはご覧になれたでしょうか。
実は、いままでに刊行されていたリトル版「あらしのよるに」シリーズも今回の刊行にあわせてお色直しをしているのです。
今回の表紙はとってもカラフル
それぞれに”あらしのよるに”とサブタイトル?も入ってより1つのシリーズだということが分かりやすくなりました。
全7巻でカラフル・・・だけどレインボーカラーではないんです
どんな色かは書店さんで確認してみて下さいね。

それから7月16日には『いのししくんおばけへいきだもん』(ふくざわゆみこ:絵 ポプラ社:刊)が発売されました。
12支の動物の子どもたちが通う<じゅうにしえん>を舞台に、様々な性格の子どもたちが織りなす園生活のお話です。
ともだちなんかほしくないと思っている子
やってみたいことに自信がもてない子
みんなの前ではついかっこつけちゃう子・・・
自分に似ている子や我が子にそっくりな子もいるかもしれません。
暖かみのある絵と楽しいしかけで幼稚園、保育園に通う子にぴったりの絵本です
ぜひお手にとってみて下さい。

そして最新刊となる『うさぎを食べないわけ』(山下ケンジ:絵 講談社:刊)が7月22日に発売されました。
動物版寅さんともいえそうな「おおかみ・ゴンノスケ」シリーズの完結編です。
うさぎを食べることに情熱を燃やしていたゴンノスケがうさぎを食べないその理由とは?
どうやらカギとなるのは、お腹をすかせたゴンノスケの前にあらわれたなぞの美女うさぎ。
ゴンノスケのことを知っているこの美女うさぎの正体とは・・・。
どんな結末が待っていたかはぜひ自分の目で確かめて下さい

今回は写真がないので、純心女子大学での今期最後の授業の時に撮った一枚を載せておきます。
SH3I0362

あらしのよるに新シリーズ?

今日は遅ればせながら大ニュースです!

「あらしのよるに」シリーズに新たな仲間が増えました
”リトル版”、”大型版”、”特別版”に続いて”あらしのよるにスペシャル”の刊行です!
タイトルは『ひとりぼっちのガブ』。記憶喪失が直ったガブとメイの仲良く暮らす未来の話ではなく、今回の話はガブとメイが出会う嵐の晩よりもずっと前、ちびガブが活躍する話です。
なぜオオカミのガブはヤギのメイと友だちになれたのか?
その秘密がこの本に書かれています。

今回は講談社の特集ページamazonできむら先生のインタビュー動画もみられます。
講談社の方はおまけ付きですので、ぜひチェックしてください

そして実は15日まで期間限定で電車内のモニターでCMが流れています
流れているのは副都心線と有楽町線を中心に、銀座線、丸ノ内線、半蔵門線の一部です。
SH3I00320001
SH3I00340002

さっそく電車に乗って、撮ってきました
皆さんも流れている電車に乗った際には見られるといいですね。

ロボロボのホームページができました

今日はきむら先生の近刊のお知らせです。
先月末に発売した『ロボロボ』ですが、現在小学一年生でも連載をしています。
ロンとゆかいなおてつだいロボット ロボロボ (創作児童読物)ロンとゆかいなおてつだいロボット ロボロボ (創作児童読物)
著者:きむらゆういち
販売元:小学館
(2011-03-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

そんな『ロボロボ』の公式ホームページができました

島の上のロボットたちにカーソルを合わせると・・・。
ロボットたちをクリックすると・・・。
本の表紙をクリックしてみたら・・・。
楽しいしかけがいっぱいのホームページをぜひのぞいて見て下さい
入口はこちら



「オオカミのおうさま」が日本絵本賞を受賞!

みなさまー
速報でもすでにお伝えしていますが、
きむらゆういちが田島征三さんとつくった絵本
「オオカミのおうさま」が、
第15回日本絵本賞を受賞しましたー

オオカミのおうさまオオカミのおうさま
著者:きむら ゆういち
販売元:偕成社
発売日:2009-03
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


わーわー
いつも応援してくださる皆さま、本当にありがとうございます
ひとえに皆さまのおかげです。。。

今月25日に授賞式が行われます。
そのようすも、またご報告しますね。
どうぞお楽しみに

はじめまして山ねこシュー♪

本日2回目のボンジュール

今週の水曜日、10日は、角川学芸出版さんの
「カドカワ学芸児童名作」の創刊記念パーティに
参加してきました

この「カドカワ学芸児童名作」は、
きむらゆういちの最新刊「ボクは山ねこシュー」と
「ずっこけ3人組」シリーズの那須正幹さんの最新作
「へんてこりんでステキなあいつ」とで始まった
児童文学の新しいシリーズなのです。

IMGP0230
パーティの前に、那須正幹さん、川北亮司さんと一緒に山口新聞さんの取材を受けました。

イベントスタート
IMGP0234
角川学芸出版の社長さんから、今回のシリーズ創刊に関する熱い想いが語られました。

続いて、那須正幹さんときむらゆういちのトークショー
IMGP0244
那須さんとこういう形でご一緒するのは初めてのこと
うれしい限りです。

最新シリーズ「ボクは山ねこシュー」に関してアツク語るきむら。
IMGP0254
大自然から来た山ねこが人間社会の「あたりまえなこと」にびっくりしながら大冒険するお話です。
みんな、ぜひ読んでね

トークイベントも終了して、いよいよパーティ。
乾杯を前に……
ごちそうを物色するきむらゆういちを激写
IMGP0269
カメラ目線になっちゃった

パーティではいろんな方とお話しました
IMGP0272
エムナマエさんとパチリ

パーティ終了後、那須正幹さんと記念撮影
IMGP0275
amスタッフ・ちゃんこさんも一緒に

那須正幹さん、角川学芸出版の皆さま、そしてパーティでお会いした皆さま、
本当にありがとうございました!

最新シリーズ「ボクは山ねこシュー」、どうぞよろしくお願いします

カドカワ学芸児童名作  ボクは山ねこシュー  はじめまして人間たちカドカワ学芸児童名作 ボクは山ねこシュー はじめまして人間たち
著者:きむら ゆういち
販売元:角川学芸出版
発売日:2010-03-10
クチコミを見る


(那須さんの本はこちら)
カドカワ学芸児童名作  へんてこりんでステキなあいつカドカワ学芸児童名作 へんてこりんでステキなあいつ
著者:那須 正幹
販売元:角川学芸出版
発売日:2010-03-10
クチコミを見る
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ