きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

きむらのつぶやき

6月16日 JBBYのパーティー

またまたオサボリブログです

6月16日 きむら先生はJBBYのパーティーに参加しました。

ここからはきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ギリギリまで打ち合わせがあって遅れ気味に到着。

このパーティーで受賞者の中に角野栄子さんとミロコマチコさんがいるというので
行くことにした。
お二人ともぜひ絵本講座のゲストに来てもらいたかったからだ。

ミロコさんは東京にいなくて欠席。

でも角野さんは交渉成立。

後の電話で来年の3月に来てくれることを約束してくれました。


きむらゆういち
IMG_0323

5月19日 杉田豊氏 死去

杉田氏とは白百合大学にお互い教えに行っていた頃、大学の入口で知り合った。

ちょうど、どしゃぶりの雨が降ってきて
入口で2人で雨宿りしたのがきっかけで一緒に絵本を作るという話になった。

仕掛けをやってみたいというので一度プランを作って渡したが
やっぱり仕掛けじゃないのがいいというので新たに案を練り直してしまった。

今年こそ!

と思っていた矢先にこの知らせを受けてびっくり。

結局2人の絵本は永久に終わってしまった。


きむらゆういち
1
杉田氏最後の絵(奥様から送られてきました。)

5月28日〜6月3日 ニューヨーク

本日もオサボリブログです

5月28日〜6月3日 きむら先生はニューヨークに行っていました
それではここからきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

アメリカのニュージャージーにボクの親戚がいるという。
どうやら従姉弟らしい。
彼女がアメリカに渡ったエピソードがあまりに美しいので一度会ってみたいと思ったが
彼女はもう81歳。
早く会わないと会えなくなってしまうと思って、早速ニューヨークに。

さて、そのエピソードとは。
第二次世界大戦が終わり、彼女(従姉弟)はMPの米兵と出会って恋に落ちた。
しかし当時日本の女の子とアメリカ兵が付き合ったら遊ばれるのが普通。
アメリカに帰ってしまえばそれで終わりというのが当然という時代だ。
そこで彼女と付き合いたいという彼の申し出を彼女のおじさんは許さなかった。
ただし、アメリカからもう一度日本に戻ってきてプロポースしたら認める。
という条件をつけたという。
すると彼は何かの記事を見て、日本でも働く方法があることを知って、それなら生活もできると考え、
貨物船で3週間かけて太平洋を渡り、日本へ。
そして彼女にプロポーズしたという。
2人の間に子供が生まれ、子供も学校に行かせるにはアメリカに戻らなければならないという理由で2人はアメリカに。
アメリカで彼は車のタイヤ関係の大きな会社に入り、彼は大活躍。
数万人いる社員の中で2度もトップセールスマンになる。
会社のご褒美でラスベガスに行った時のマリリンモンローとの記念写真がある。
DSCN0061

今では孫やひ孫に囲まれて

DSCN0054

素敵な家に住み
DSCN0073

そして、80代になった今でもラブラブなお二人であった。
DSCN0058


ニュージャージーからニューヨークへ。
ポプラ社のはからいでアメリカでの出版をしている会社の方がアテンドしてくれた。
ブルックリン橋を渡り、
DSCN0107

船で戻り、
DSCN0112

ランチをして
DSCN0138

そして最後はブロードウェイでミュージカル。
オペラ座の怪人を観た。


ニューヨークの紀伊国屋書店で自分の本を発見!
DSCN0187
DSCN0174
そして講座生の本も発見!!
IMG_0296

イベントするには滞在日が平日だけのため今回は断念。


次の日は美術館巡り。
なんと一番驚いたのは、美術館の中は写真撮影OK。

ピカソでもゴッホでもセザンヌでもロスコーでもポロックでもウォーホルでもいくら撮ってもOK。
DSCN0253DSCN0251DSCN0219

試しに係りの人の隣でパチリと撮ってみたが、全然おとがめなし。
そんなことで驚いていたら、な、なんと犬を連れた客が!
えーっ!ペットもOK?
そう日本では絶対ありえないのですが美術館はペットもOKなのでした


きむらゆういち

5月4日 かいけつゾロリ展を観に行く会

またまたオサボリブログです・・・

5月4日はきむら先生と講座生の皆さん総勢54人で
「30周年記念 かいけつゾロリ大冒険展」に行ってきました

実は・・・かいけつゾロリにきむらせ先生が登場しているんです
ジャジャ〜ン
CIMG5743
是非探してみてくださいね

では、ここからはきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

会場の入口は講座生でいっぱい。
そしてあの楽しくて面白いゾロリ展を観た後は
みんなで食事会。

日本橋のお店を貸し切って待っていると原ゆたか氏登場。
拍手に迎えられて乾杯。
そしてそのあとはなんとなんと原氏が各テーブルを回り一人一人にサインをして回ってくれたのでした。
そして最後にみんなで記念撮影。パチリ!
CIMG5726

きむらゆういち

4月26日 かいけつゾロリ大冒険展

今日もオサボリブログです・・・

4月26日きむら先生は「30周年記念 かいけつゾロリ大冒険展」に行って来ました
20170609161806_00001
ここからはきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

さて、我らの大親友原ゆたか氏のかいけつゾロリ展に行ってきました。
入口で待ってくれていたのはポプラ社の会長。
そしてポプラ社の社員の方と昼食。
その時にとても嬉しい話を聞いたのです。
ボクが6月に行くニューヨークに
ポプラ社が1日サポートしてくれるというのです。

ま、それはさておき・・・
この日はゾロリ展 実はボクと原氏はお互いまだヒットが出ない頃からの友人。
月に1度のランチの会とかいうのをやって毎月豪華なランチを食べたり、香港にも一緒に行ったりの仲。
その彼のゾロリがこんなに立派に成長して。
まるで親友の子供があんなにちっちゃかったのに立派な社会人になって、それも有名人に!
と見あげてる感覚。
もう日本中の小学生がゾロリを知らない子なんて誰もいないよね。
なのに数日前に原氏から電話が。
「ゾロリ展の幕を開けたら、ガラガラで誰も来なかったらどうしよう。」
「じゃあ大勢連れて観に行くよ。」
「うん、頼むよ。」
あの天下のゾロリの作者がなんて殊勝でいじらしく奥ゆかしい電話。
その上入場券をいっぱい送ってきてくれたのだ。
という訳で、講座生に”かいけつゾロリ展を観に行く会”をするからみんな来て!と募集して54人で観に行くことに。

そういえば先日ののぶみも、のぶみ展にいっぱい来てくれるか心配してたし、
かくゆうボクも銀座三越できむらゆういち世界展をやった時、心配でみんなに声をかけたっけ・・・

きむらゆういち

unnamed

録音風景

絵本講座の生徒さんたちは一足早く終えた『てをつなごう』の録音ですが、先日きむら先生と宮本先生も録音をしてきました

まずはお二人とも練習。
IMGP3115

緊張するからと先に始めたのは宮本先生。
IMGP3124
IMGP3125
ゆっくり読むことを気にしながら淡々と録音は進んでいきます
IMGP3126
録音場所がダンスもできるスタジオのため、一面の鏡が・・・
IMGP3134
読んでいる自分の姿が見えるのは落ちつかないようで
IMGP3135
IMGP3149
『てをつなごう』の”はじめに”をきむら先生は読みました。

きむらゆういち@モンゴル 3

IMG_3342
ちょい悪オヤジ風inモンゴル。
よく見るときむら先生の帽子に妙なものが生えてしまっています。

IMG_3464
ゲルのうちのジョン。結構犬が居るみたいです。

IMG_3458
ゲルの中で歓談。
IMG_3475
カンパーイ

IMG_3481
曇り空にかかる虹。
見えにくいですが左上の方に虹が出ています。
IMG_3500
夕焼けで赤く染まるモンゴルの空。

IMG_3492
ずらーっと並んだゲル。

IMG_3526
みんなでカヌー。

IMG_3588
夜の告白大会。
修学旅行の夜っぽい?

IMG_3594
IMG_3595
公園の遊具で遊ぶ大人たち。

きむらゆういち@モンゴル 2

引き続ききむら先生の一言コメント&スタッフぴぃのコメントでお伝えいたします。
注:最後にヒツジの解体写真があります。
IMG_3121
ボクのゲルにどうぞ

IMG_3123
いらっしゃーい。ゲルの中から。

IMG_3141
メイ、こんなとこで会えるとは

IMG_3153
モンゴルのコロ。

IMG_3160
ワシはワシだ。

IMG_3199
モンゴルコスプレ大会

IMG_3264
中にどうぞ。

IMG_3281
馬頭琴の演奏。
IMG_3287
やってみる。(きむら先生も馬頭琴の演奏に挑戦。)

IMG_3329
プチコスプレ。

この下に解体写真あり、ご注意ください。








IMG_3369
小さなナイフ一本でヒツジの解体作業。まだ生きています
IMG_3371
血は一滴も出ずに、解体作業は進みます。

きむらゆういち@モンゴル 1

やっと写真の整理も終わったので、7月にきむら先生が行ったモンゴル旅行記です

IMG_3059
広大な草原のなかにあるゲル。

IMG_3071
オオカミのしわざかな?

IMG_3073
モンゴルの馬は小型です。
IMG_3076
こっちはラクダ。

IMG_3078
IMG_3090
ラクダに乗ってお散歩

IMG_3095
ボクのラクダくんです。
IMG_0232
馬にも乗りました。

祝 声優きむらゆういち出演?

映画版に引き続き、TVアニメ「あらしのよるに」でもきむら先生が声優として出演します
そんな訳でとある日、先生のアフレコがありました。
今回は先生の娘さんでモデルをされている城品萌音さんといっしょに出演です。
IMGP2875
まずは事前に打ち合わせ。

IMGP2877
ちゃんと耳(音声を聞くための片耳だけのヘッドホン)をつけて準備完了

IMGP2881
こんなタイミングで読んで下さい。と説明を受けていざテスト。
IMGP2881
もうちょっとゆっくりめで話して下さい。などアドバイスを受けながら収録をしていきました。

IMGP2887
無事収録完了、お疲れ様でした
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ