きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

イベント・講演

12月2日開催!第8回ゆうゆう作家トークショー ゲスト作家:とよたかずひこさん

久々のブログ更新は、ゆうゆう作家トークショー開催・参加者募集のお知らせです!

 第8回目、12月2日(土)は、ゲストに絵本作家、とよたかずひこさんをお呼びします!

ゆうゆう作家トークショーとは・・・
きむらゆういちが、第一線にてご活躍されている絵本・童話作家をゲストにお迎えし、デビューのきっかけや制作の裏話など、普段聞けない話を聞いたり質問をしたりする2時間のトークイベントです。トークショーの後は、作家を囲んでの懇親会(軽食、サイン会等)をしております。
絵本に興味がある方、作家を目指されている方など、どなたでもご参加いただけます。

定員になり次第締め切らせていただきますので、参加希望の方は、下記詳細をご覧いただき、お早めにお申込みくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第8回 きむらゆういちのゆうゆう作家トークショー 

ゲスト作家:とよたかずひこさん

41SACAKVYCL350_Ehon_93350_Ehon_18829

ゲスト紹介

1997年、『でんしゃにのって』で
厚生省中央児童福祉審議会児童文化財特別推薦を受ける。
『どんどこももんちゃん』で第7回日本絵本賞受賞。
『あめですよ』が小学1年生の国語の教科書(東京書籍)に採用される。

日時

2017年12月2日(土)
15:30〜とよた先生の書籍を会場にて販売します。
16:00〜トークショー開始
18:00〜懇親会

会場

こどもの歯科 2Fホール
〒153-0052 東京都目黒区祐天寺2丁目15-1
東急東横線 祐天寺駅より徒歩3分
GoogleMAP:https://goo.gl/maps/1qrCrTTB8q82

参加費

一般  5,000円
小中学生 2,000円(大人の方がご同伴ください。未就学児無料です。)
ゆうゆう絵本講座 現役在籍生 3,500円
ゆうゆう絵本講座 卒業・休会講座生 4,500円

*懇親会参加費用込みです。
*参加費は当日 現金にてお支払いください。
*ゆうゆう絵本講座 通信生で 課題を6ヵ月以上提出がない方は 休会扱いとなります。
*とよた先生のサイン会も予定してます。
 会場での販売本以外でも 持参した書籍へのサインも可能です。

申込期限

定員になり次第締め切り

申込方法

ゆうゆう絵本講座 事務局までメール(info@kimura-yuuichi.com)にてお申し込みく
ださい。

お申込み時、「お名前」「ご職業」「人数」「懇親会参加有無」をお知らせください。
懇親会参加有無は、お食事のご用意の参考にさせていただきます。
お申し込み後、キャンセルされる場合はご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆうゆう作家トークショー これまでにお呼びした方

第1回目 2017年2月18日(土) 森絵都さん
第2回目 2017年4月1日(土) どいかやさん
第3回目 2017年5月19日(金) 長野ヒデ子さん&アーサー・ビナードさん
第4回目 2017年7月8日(土) 中国影絵劇団(和歌山静子さんご紹介)
第5回目 2017年8月5日(土) 内田麟太郎さん
第6回目 2017年9月2日(土) 柏葉幸子さん
第7回目 2017年10月21日(土) はたこうしろうさん、おーなり由子さん

今後も1、2ヶ月に1回の程度で開催して参ります。

【明日9/20開催!】『あいたくなっちまったよ』刊行記念トークセッション

『あいたくなっちまったよ』ジュンク堂書店・池袋本店でのイベント。
いよいよ明日となりました!
台風一過でよいお天気となりそうです。
お仕事終わりに、お茶をしつつ、ゆっくりとお父さん絵本についてトークを聴きにいらっしゃいませんか?

21457691_1752955358331293_6907229069712403434_o


〜父親って、どんな存在?〜 
『あいたくなっちまったよ』刊行記念トークセッション

【出演】
きむら ゆういち(絵本・童話作家)
竹内 通雅(画家・絵本作家)

【内容】
今年8月にポプラ社より発行された絵本『あいたくなっちまったよ』。
どんな想いからこの絵本が生まれたのか?
作者のきむらゆういちと絵の竹内通雅さん。
初めてタックを組んだ2人が、それぞれが思い描く父親像について心ゆくまで語ります。

【日時】
2017年9月20日(水)
19:00 開場
19:30 開演
21:30 終了 ※目安です

【会場】
ジュンク堂書店 池袋本店 4階 喫茶スペース
東京都豊島区南池袋2-15-5
対象:一般
書籍販売:有り
サイン会:有り
 
★入場料
ドリンク付きで1000円です。
当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約先

ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5

◆◇◆イベント詳細ホームページ◆◇◆

https://honto.jp/store/news/detail_041000022646.html

8月26日 『あいたくなっちまったよ』の出版記念イベント

ブックハウスカフェ神保町で
竹内通雅氏(絵を担当)とこの本の出版を記念してのトークショー。

今回も会長自ら来てくれている。
お父さん絵本の新定番にすると張り切ってくれているのだ。

実はポプラ社だけで一年間の出版点数は400冊以上。
つまり毎日一冊以上出版している出版社なのだ。

それなのにこの一冊のためにこれだけ情熱を持って
プロデュースしてくれているということは
本当にありがたいことだ。

作品は出版社の人間に愛されてこそベストセラーやロングセラーになる。
まずはそこから始まることをボクは知っている。
作者としては嬉しい限りだ。

そういった意味でこの『あいたくなっちまったよ』の今後は楽しみだ。

トークショーでは、この本ができた経緯や絵を描く時の話など。
そして我々が絵本をかくようになったきっかけなどを
司会のリードに合わせておしゃべりした。
もちろんその後はサイン会。

竹内氏もこの作品をえらく気に入っていてくれて、
よくぞ自分を選んでくれたと感謝される。
これも作者としては嬉しい限りだ。


きむらゆういち

7月21日〜24日 奄美大島

またまたオサボリブログです

7月22日に奄美大島で講演会をするため
21日〜24日まで、きむら先生は奄美大島に行っていました

ここらはきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

初めて行く奄美大島だ!
こうなったら水着も持って行って、今年の夏休みは奄美大島を満喫するぞ!
とそんな意気込みで到着した奄美空港。
いきなりレイをかけられて歓迎ムードの中、車で市街地へ。

早速奄美料理店で乾杯。

次の日が本来の目的、講演会。
DSCN0554
DSCN0558
ま、無事に終わり。
また居酒屋で乾杯。
DSCN0572

さて、問題はこれから。

ここから今年の夏休みを満喫しなければ来た意味がない。
まずはレンタカーを借りて、”ハブに愛まショー”を観に行く。

少し時間が遅れたと走って飛び込んだら、
「お客さんが誰も来ないので今から準備するから少々お待ちを。」と。

客はあと3人程やってきたがハブがいじめられてかわいショーでした。


次はシュノーケリング。
海辺のカフェからモーターボートに乗って、ポイントに行き、潜る。
インストラクターがモーターボートを運転して一緒に泳いでくれる。
これがまたさわやかな地元の優しいお兄さん。
お魚さんは、モロジブや沖縄に引けを取らない豊富さ。
サンゴもカラフルで実に見ごたえあり。


夕食後はホテルに帰り、夜はナイトツアーだ。
奄美に独特のアマミノクロウサギがいる。
23時に出発して1:00までの深夜ツアー。
車はどんどん山の中に。
「いた!」
懐中電灯を照らすとアマミノクロウサギが。
ヘビが。
カエルが。
ついでに真っ暗闇でみる天の川。


そしてついに帰る日になってしまったが、飛行機に乗る前に
今度は空から奄美を!

というわけで我々はパラグライダーに乗りに岬に。

背中に特大の扇風機を背負ったお兄さんの前に結びつけられて空を飛ぶのだ。
2〜3歩走れって言われて走ったかなと思ったら
身体は空の上に。
DSCN0640
DSCN0642

後ろのお兄さんが「あれウミガメ」と指差す方を見ると、
2〜3匹のウミガメが泳いでいる。


奄美の海中、夜の山、空からを満喫して我々は一路東京に向かった。

沖縄より近くて安くて色々楽しめる奄美。
ここは是非また来たい所だ。


きむらゆういち

きむらゆういちイベント情報

こんにちは!
きむら先生のイベントのお知らせです

先月発売されたばかりの最新刊『あいたくなっちまったよ』
(文:きむらゆういち/絵:竹内通雅)
の刊行を記念して今月2回トークイベントが行われます。
どちらも事前予約が必要となりますのでご注意ください。

皆さまご都合よろしければ、是非お越しくださいませ。



きむら ゆういち『あいたくなっちまったよ』
刊行記念トークセッション
〜父親って、どんな存在?〜

日時:9月9日(土)15:00〜
場所:下北沢 本屋B&B
費用:1500円+1ドリンクオーダー
お申し込みはこちらです。


きむらゆういち×竹内通雅
「お父さんのための読み聞かせ会『あいたくなっちまったよ』」

日時:9月20日(水)19:30〜
場所:ジュンク堂 池袋本店
費用:ドリンク付き1000円
お申し込みはこちらです。
08092218_598b0b9b4df8e


第5回ゆうゆう作家トークショー 内田麟太郎さん

8月5日(土)第5回ゆうゆう作家トークショーを開催しました!
お越しいただきましたのは、『ともだちや』シリーズの作にて人気でいらっしゃいます内田麟太郎さんです!

IMG_0417P8050242
P8050241P8050250

今回も絵本講座生が多数参加しました。
トーク中、皆が同じ言葉で、メモをとる場面もありましたね。

P8050252IMG_8726IMG_8725

内田さんは、トークショー後のサイン会、パーティーでも、ずっと童話や絵本作家を目指す講座生の質問に聞き入ってくださいました。

また、最後に講演料をお渡しそびれてしまうという失礼をしてしまったのですが・・・
お詫びのメールにも「よかよか」とご返信をいただきました。
やさしく、あたたかい内田麟太郎さん
為になるお話、面白い読み聞かせ、ありがとうございました!

(By スタッフ)

P8050272


   きむらのあとがき   

内田さんの講演を聞いたり、講演記録も読んだことがあります。
今回、その面白かった話を引き出そうと務めましたが、最後に一番引き出したかった一言を忘れてしまいました。
それは、内田さんが子どもの頃、義理のお母さんに愛されなかった話の後に言った言葉です。

内田さんの講演記録には、おぼろげですが、このように書いてあったのです。
この言葉にとても感動したのに、トークショーの中で皆さんにお伝えできず、後悔しておりました。
なので、ここでお伝えできればと思います。

お母さんになることは簡単です。
手をつないで歩いてあげて
ギュッと抱きしめてあげればいいんです。


          

第4回ゆうゆう作家トークショー 長野ヒデ子さん&アーサービナードさん

5月19日(金)『第4回 ゆうゆう作家トークショー 長野ヒデ子さん&アーサー・ビナードさん』を開催いたしました!

18556378_1331982716893164_8502906047854238966_n
CIMG5755

長野ヒデ子先生は、「おかあさんがおかあさんになった日」などで有名な絵本作家さん。

きむらとのコラボ作品も多く、パッチン絵本シリーズの「プレゼントはなあに?」(小学館)の絵を描かれたのも長野先生。
今回の会場は、こども歯科さん2階ホールをお借りしていましたが、きむら著の「はみがきごっこ」(佼成出版社)の絵も長野先生です。

お孫さんをモデルにされた「だんぼーるおうじ」(ワンダーおはなし絵本)も楽しそうにお話されながらサインくださいましたよ。

350_Ehon_75471+EJzM3dWL
_SX487_BO1,204,203,200_ワンダーおはなし絵本


アーサー・ビナードさんは、詩作、翻訳を中心に活動をされていますが、エッセイ、絵本と活動の幅が広い方です。ラジオのパーソナリティーもされていらっしゃるとのことで、トークがとってもお上手で、笑いをとるのもお見事でした!
サイン会でもひとりひとりゆっくり丁寧にお話され、とてもお優しい方でした。

主な作品に、詩集『さがしています』(童心社)や、翻訳絵本として、山村浩二さんの『雨ニモマケズ』、いわむらかずおさんの『14ひきのねずみシリーズ』、エリックカールさんの『ホットケーキできあがり!』など。

さがしています 童心社雨ニモマケズ

偕成社71eLi2uadsL

ビナードさんのユーモアたっぷりのお話に、会場は大爆笑の渦。
アメリカ人なのに、日本人も知らないような、ためになる戦争の話を、とても面白い視点で楽しく話してくださいました。

長野さんは、相変わらずあの楽しいキャラクターで、興味深い自作の話をたくさんして下さいました。

とにかく、はじめから、おわりまで、会場は大爆笑の連続でした!
楽しいトークをありがとうございました!

CIMG5764







大阪!

またまた戻ってきました お久しぶり〜〜の オサボリブログです!!
まだ・・・3月のブログです・・・

3月19日 きむら先生は 大阪でした!!
イオンでのイベントが多い先生ですが この日は久しぶりのイオンでのイベントでした。

イオンでのイベントは ほとんどが赤ちゃんとお母さんばかりだったそうで 
ちょっと長いお話の絵本は無理かなあ・・・という感じだったそうで 
それではってんで クイズ風に「おばけかなほんとかな」を読んだり 
350_ehon3339








「あかちゃんのあそびえほん」を読んだりで 
赤ちゃんとお母さんは楽しんでくれたようです。


中国影絵劇団公演&絵本作家サイン会3


サインからオフィスへ戻ってからのこと・・・

お怪我でいらっしゃることができなかった和歌山静子先生から郵便物を頂戴しておりました
開封してびっくり

色とりどりのたくさんのサイン

unnamed

みなさんにお配りできるよう描いてくださったようです・・・
和歌山先生、ご不便な中、ありがとうございました

来ていただいた方々にぜひお渡ししたかった・・・!

きむらと思案いたしまして、
書籍販売をご協力くださった、祐天寺にあります「王様書房」さんにご相談させていただいたところ・・・

             

王様書房さんにて和歌山先生のご本をご購入
もしくはお持ちいただいた方に!
先着にてお好きなサインをプレゼント

             

にご協力いただけることになりました!
なくなり次第終了です。

7月15日のサイン会のブログを見たのですが
和歌山先生のサインはいただけますか?


と店員さんに聞いてみてくださいね。


和歌山先生を『ゆうゆう作家トークショー』のゲストにお迎えする際は、皆様にもご案内いたしますので、ぜひ絵本をお持ちになって和歌山先生にいにいらしてくださいね


王様書房
〒153-0052 東京都目黒区祐天寺2丁目12−19
営業時間:午前10時00分〜深夜1時00分
電話: 03-3711-4447


中国影絵劇団公演&絵本作家サイン会2


影絵の後
ランチルームへ場所を移動し・・・

著名作家大集合絵本作家サイン を行いました!

金子さん (5)

立案当初は、和歌山静子先生、宮本えつよし先生、きむらゆういちの3名の予定でおりましたが・・・

なんとなんと
来ていただいた方にさらに喜んでいただけるならと、総勢18名作家様がご協力くださいました
これほど集結することは中々ありません

宮本えつよしさん
DSCN0383

のぶみさん
DSCN0385

竹内通雅さん★     石川えりこさん
DSCN0399
DSCN0401

高橋秀雄さん★     篠崎三朗さん
DSCN0430
DSCN0398

戸田和代さん★     中井はるのさん
DSCN0400
DSCN0397

飛び入りで駆けつけてくださった、真珠さん、池田さん!

真珠まりこさん    池田あきこさん
DSCN0424
DSCN0403

さらに、ゆうゆう絵本講座の生徒さんで、
すでに絵本作家としてデビュー・活躍中のメンバーも参加いたしました

こすぎさなえさん    ひらぎみつえさん
DSCN0395DSCN0413

くさかみなこさん★ 大塚健太さん 
DSCN0396

大木あきこさん    おくやまひでとしさん
DSCN0394DSCN0422


お一人で何冊も絵本を持ってきてくれたお子さんもいらしたようで、作家からも「こんなことは初めてで嬉しかった!」「読者の皆さんとおいできて楽しい時間でした」とお声をいただきました。

DSCN0402DSCN0423DSCN0417
DSCN0406
DSCN0428
DSCN0382


DSCN0388
DSCN0404
DSCN0411DSCN0414


絵本
を買ってくださった方、お越しいただいた皆様

ありがとうございました
何度も読んでいただけたら嬉しいです^^

きむらゆういちも新しい作品にどんどん取り掛かっておりますので、きむら共々、これからも応援ください

きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ