きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

ふだんのきむら

朴慶南さんと松元ヒロさんのライブ&トークへ行ってきました!

7月9日(日)は!
きむらと、昨年9月にカンボジア旅行を同行したメンバー3名で、牛込箪笥ホールへ『松元ヒロ ライブ&トーク こんな時代を 笑いでふっとばそう!Part3』を観に行ってきましたよ!

なぜ、カンボジアメンバーでかといいますと・・・?
カンボジアでの大学講義や移動図書館での絵本読み聞かせをボランティアをコーディネートしてくださった、エッセイストの朴慶南(パク・キョンナム)さんが、ゲスト出演されていらっしゃるとのことで!再集結したのでした

テーマが憲法なので、固いのかな・・・と思っておりましたが、政治を遠慮なくハイペースでつっこんでいく漫談とパントマイム、慕い合っておられた永六輔さんの歌を歌ってくださるシーンもあり、終始笑いっぱなし懐かしむこともありのライブでした!

きむらは予定があり、残念ながら最後までいることができず、後ろ髪を引かれるように会場を後にしましたが『めっちゃ楽しかった!』とのことでしたよ

「不安なことが多々ありますが、まずは、笑いで元気と明るさを取り戻し、よい未来を私たちの力で作ってゆきましょうね」というメッセージを受け取ってきました。

戦争が始まれば、お笑いというお仕事は「こんなときに!」と真っ先に排除されてしまうでしょう・・・とトークにありましたが、絵本に携わるお仕事もそうでしょうね。体験者からも、食材を得ることで精いっぱい、印刷は高価。子どもに書籍を与える余裕もない。空襲等で保管も難しかったと伺っています。カンボジアの子どもたちも、国が貧しく、平等な教育、絵本を読む機会を得ることが難しい環境にあると覚えております。それぞれの国が、豊でありますように・・・

ライブ終了後、日本国憲法を擬人化した"憲法くん”となって語るヒロさんのひとり芸を絵本化させた『憲法くん』(講談社)に、サインをしていただきました 絵は、武田美穂さん

AS20161219002288_commL3

松元ヒロさん、慶南さん
ありがとうございました

2

左:松元ヒロさん
中央:朴慶南さん
右:カンボジアメンバー(ゆうゆう絵本講座)

▼松元ヒロさんの憲法くん紹介ページです
ライブの様子を動画で見ることもできましたよ☆

展覧日和

3月の中ごろ

きむら先生は展覧会に足を運んでいました



まずは、きむら先生も参加している我流毛筆の会の

「石巻の子供書展」

石巻の子供達が書いた書が壁一面に並べられた会場は、墨の香りと自由な文字に落ち着いた気持ちになりました


写真 (1)


我流毛筆の会の高橋さんと記念にパチリ



さらに、ミロコマチコさんの展覧会にも行ってきました

今にも動き出しそうな動物達の絵に

きむら先生の創作意欲はガンガン刺激されます

写真 (2)


ミロコマチコさんと記念にパチリ


とても素敵な展覧会でした

凍える雨に 熱い闘志

それは まだ寒い日のこと……

冷たい雨粒を避けて、きむら先生はとある場所へと身を寄せました。


IMG_1070


まるで武士のような姿で、お茶を飲もうとしたその時……



IMG_1071


勢いよく障子が開き、刺客がきむら先生を取り囲みました



ああ、どうなってしまうのか



IMG_1084


きむら先生は刀なんてなんのその、刺客たちをひとり、またひとりと倒していきます



……ん? はじっこに、ほっとしている刺客やカメラのような物が




そう、実はこれ

千葉城の公園にある茶室で行われた、サムライムービーの撮影なのです

★千葉開府890年記念プラン★ 主役はわたし!時代劇撮影プラン


カメラマンもスタントマンもみなさんプロ

着付けやアクションの練習も丁寧にしてくださり、迫力のあるショートムービーが作られます


きむら先生のムービーも現在編集中

いゃあ、楽しみです


IMG_1095


この日はあいにくの雨だったので室内での撮影でしたが、とても楽しんだきむら先生

すっかりハマッてしまい、

次は晴れた日に外でスタントマンをたたっ切りたいそうです

劇団俳協「あらしのよるに」

日付が遡り…

8月6日(木)

新宿のスペース・ゼロにて、劇団俳協による

演劇「あらしのよるに」

が行なわれました

gekidanhaikyou


gekidanhaikyou


ガブとメイとも記念にパチリ

歌あり、アクロバティックありの、迫力のある劇でした


会場ではきむら先生の手作りポップアップ絵本教室が

夏休みの子供達がたくさん来てくれました

絵本の他に、ガブメイ帽子も作りましたよ

haikyou1


haikyou2


haikyou3


haikyou4


haikyou5




とても楽しいイベントでした

ねこのダヤンとエルタシル郵便局


先日、ねこのダヤンで有名な池田あきこ先生の展覧会へ行きました

dayan


包み込まれるような素敵なタッチ

可愛らしいダヤンたちにメロメロです


dayan


会場にはダヤンくんとバニラちゃんも来ていました


ikedasan


記念に池田先生とパチリ


とても癒される時間でした

「オオカミとヤギ〜あらしのよるにより〜」


「あらしのよるに」は、たくさんの方が劇にして上演してくださっています

そんな中で、すこし風変わりな「あらしのよるに」の劇が上演されました

ookamitoyagi


りっかりっか*フェスタにて上演された

「オオカミとヤギ〜あらしのよるにより〜」

海外で演出された作品だそうで

ひと味もふた味も違います

場面転換なしの2人劇(歌だってあります!)

おしゃれな世界観にグイグイと引き込まれました

itariabanarasi


最後に、オオカミさんとヤギさんとパチリ

とても素敵な時間でした

恒例 牡丹灯籠

暑い日が続いております

熱中症にならない為に我慢せずクーラーを使うことは大事ですが、

どうにもあの風が苦手だったりします


そんな中、きむら先生はとても素敵な涼みへと行ってきました


botandourou



落語家 志の輔さんが行なう、牡丹灯籠です

この季節の恒例ともなっていて、何度も観に行っているんですが、

何度でも面白いんです

いえ、恐いんですけど、引き込まれる恐さと面白さ


はやくも来年が待ち遠しいです


sinosukesan


最後に、志の輔さんとパチリ

とても素敵な時間でした

きずだらけのリンゴ観劇

これまたまた先月のことで申し訳ないですが…

7月18日に、練馬にて行なわれた

劇団なんじゃもんじゃの「きずだらけのリンゴ」を観劇してきました


kizurin


ご夫婦2人で行なう劇は、たくさんの工夫と愛情が詰まっていました

子ども達もはしゃいだり笑ったり、そしてホロリとしたり、とても楽しんでいました

劇団なんじゃもんじゃさん、

これからもどうぞよろしくお願いいたします

王様来店!?

これまただいぶ前になってしまい恐縮ですが

地元の本屋さんに王様が来ていました

ousama


ゆうゆう絵本講座、童話クラスのみなさまとパチリ

とっっっっっっっても可愛かったです

北欧旅行


月が変わってしまいましたが

きむら先生は北欧スウェーデンデンマークに行ってきました

P6170161


日本にはない素敵な町並みにうっとりしたり

P6180165


P6180169


P6180180


町のあちこちにある彫刻を楽しんだり

P6200241


人魚姫の像も見に行きました


そんななかで特に「行って良かった」と思ったのが

デンマークの中央図書館

とある情報を耳にして向かったのですが、そこには……

P6190197


P6190199


なんと、きむら先生の本が

寄贈された本は、こうして世界の人々の手に届いているようです

きむら先生、大満喫な北欧旅行でした

P6210296
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ