2〜3年前、池田あきこさんから 電話がかかってきた。

「ねえ、ダヤンを書いてくれない?
 35周年記念に新しい風を入れたいのよ。」 

という訳で、NOと言わないボクは面白がってOK。
ところが他の方の世界の作品を、いったいどうやって書いたらいいものか。
ついつい先送りしているうちに1年が過ぎ、
すると池田先生から

「出版社も決めてね。」

「はい。」 

という訳で、その時打ち合わせしていた学研に話すとOK。

話はどんどん進み、
進まないのはボクの筆。 

何度も打ち合わせしたり、
新宿の「謎解きカフェ」にみんなで行ったり、
どんどん追い詰められて行くけれど、
その度に増えるのは構想ではなく重くのしかかるプレッシャー。

しかし、何でも最後には結果を出して来たきむらは
なんとかやっとの思いで書き終え、
そして今日はダヤン35周年記念のインタビュー!

ホッと肩の荷が下りた気分でのインタビューでした。


きむらゆういち