9月10日、2日目の朝晴れ
よく晴れています

さぁ、今日は、朝8時からプノンペン王立大学で授業です
カンボジアの大学は、開始が早いのですね(O_O)
きむら先生一同、腹ごしらえです。

プール朝食 (2)朝食 (4)朝食 (3)



セタリンさんが務める、プノンペン王立大学へ到着
日本でいう東大にあたる大きな大学です

20160910-02 (1)

貴重な機会を逃さないように、学生たちがビラをつくって、文学部以外にも撒いてくださったそうで・・・

20160910-02 (5)

学生・講師を問わないたくさんの方が先生のお話を聞きに来られていました

20160910-02 (30)20160910-02 (76)

この日は、全部で90分の授業を3回行います。
まず最初は、きむら先生の紹介
カンボジアの公用語は、主にクメール語、英語、中国語、タイ語など。
セタリンさんがクメール語で通訳しながら授業はすすみます。

20160910-02 (15)20160910-02 (88)



最初の授業を終え、時間は、9時半。
ブレイクタイムを用意してくれていました
カンボジアのスイーツ「パンダンの葉の米菓子」(あまーいういろうのよう)や
「ランブータン」、学生さんの朝食かな?ミニハンバーガーなども。

お茶会1お茶会2
お茶会3お茶会4




10:30〜11:30は、授業2へ

きむら先生のミリオンセラーを生み出すひみつをお話します。
作品紹介、生い立ちや、考えなどをお話してゆきます。

きむら先生の絵本は、セタリンさんが事前にクメール語に訳しプリントして配布され、きむら先生とセタリンさんで交互に読む方法で読まれました。

20160910-02 (97)
20160910-02 (111)20160910-02 (115)20160910-02 (128)20160910-02 (143)20160910-02 (145)20160910-04 (32)

『おおかみのひみつ』のひゃくとりむしがはうシーンは、
クメール語でも面白くみんな大笑いにひひ

『あらしのよるに』のメイとガブの小屋の中での掛け合いも・・・
耐えきれず笑いがこぼれます^^

感想では、カンボジアではオオカミは知らない子どももいるようで、メジャーな恐ろしい動物はトラなのだそうで。

そして、そして、きむら先生の講演会ではおなじみの、元気のないキリンさんも登場。
カンボジアでは「がんばれ〜!」の声援は、頑張っていないという意味になるそう。
元気のない人は「神のご加護を!」というように応援するそうですよ
自然と生徒さんたちにも笑顔が生まれます

国が違っても同じなこと。
国が違うと異なること。
色々あって、おもしろいですね

20160910-04 (74)20160910-04 (75)
20160910-04 (17)20160910-04 (16)

カンボジアでは、本を読む習慣はあまりなく、絵本も数少ないそうです。
特に、あかちゃん用の絵本はほぼないとのこと。
絵本を子どもに読みきかせることの効果やマンガについてなども質問にあがっていました。学生さんの中には、執筆家を目指されている方もいらっしゃるとのことで、真剣に質問をされていました。

質問1質問2質問2セタリン1質問4セタリン2

答えるセタリンさんの表情も身振り、手振りも真剣さながら。
熱がこもる授業でした