きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

2014年09月

講演会 in三郷

先週末三郷市にある小学校にて講演をしてきました。
今回は図書室での講演ということで、1,2年生と3,4年生に2回にわけての講演です。
IMGP0786
図書室の開けているスペースにぎっしり生徒さんと保護者の方が座られています。
IMGP0778
今回はパソコンが使えないということなので、書画カメラを用意してもらって読み聞かせは絵本を投影しての読み聞かせとなりました。

IMGP0780
こんな素敵な飾り付けもしてもらいました。
IMGP0784
なかにはおうちから持ってきたのであろうぬいぐるみを抱えている子も…

IMGP0781
質問してくれた子にあげるポストカードを質問の合間に製作中。

IMGP0794
今回お手伝い頂いたPTAのお母様方と学校の先生方と最後に一枚

絵本と音楽のコラボ

去年も秋頃に行なった幕張での子ども読書まつりでの講演ですが、今回は音楽とのコラボです
IMGP0733
IMGP0735
IMGP0737
千葉市長のごあいさつのあとはきむら先生と二人で『にこにこぽかぽか』収録「うちのとうちゃんせかいいち」の朗読、馬頭琴奏者のセーンジャーさんを紹介した後、今度は3人で『だれもしらないヒーロー』の朗読をしました。

IMGP0748
セーンジャーさんは映画「スーホと白い馬」の主演・音楽監督をされた方で、日本に馬頭琴を広めた方でもあるのですが、馬頭琴の紹介と演奏を披露していただきました。

IMGP0765
続いての紙コプターを作るゲームコーナーでは一番高く、長く飛んだ優勝者の子には馬頭琴を弾かせてもらえるという貴重な体験をしてもらいました。

IMGP0771
IMGP0770
最後はきむら先生の読む『風切る翼』に合わせてセーンジャーさんが馬頭琴の生演奏をするという絵本と音楽のコラボレーションをして、盛りだくさんな内容の講演が終わりました。

再放送のお知らせ

もうひとつお知らせです。
『あらしのよるに』20周年と『完全版あらしのよるに』出版を記念して、
てれび絵本「あらしのよるに」が再放送されます。
放送局:Eテレ
放送時間月〜木 午前8:55〜9:00の5分番組
期間:9月22日(月)〜11月3日(月)
全25回一挙に放送いたしますので、朝の忙しい時間帯かもしれませんがぜひご覧下さい。

お知らせでした。

あらしのよるに新刊のお知らせ

今年で20周年を迎えた『あらしのよるに』ですが、9月3日に絵本7巻を1冊にまとめた『完全版あらしのよるに』が発売されました。
金色のタイトルに触るとでこぼこしている絵がついた豪華版です
しかもお値段が2000円でお釣りが来るのでとってもお財布にやさしいのです。
20140917kanzenarashi

お子さんに読んであげるのは今まで通りの大型版やリトル版がカラーの絵でいいのかなと思いますが、
今回の完全版は絵本の時にはひらがなになっていた部分が一部漢字になっているので大人の人が持つには読みやすいのかなぁと思います。
ぜひ本屋で見かけた時にはお手に取ってご覧下さい

祝・あらしのよるに20周年

今も成長を続けている「あらしのよるに」シリーズ。その記念すべき第1巻が発売されたのは今から20年前のことでした。
と、いう前置きはさておき、今年は『あらしのよるに』20周年ということで、6日は講談社にてイベントを行ってきました。
CIMG7355
CIMG7360
まずはきむら先生と絵を描かれたあべ弘士先生のトーク。
動物をよく知るあべ弘士さんとのつっこみありの7巻分の制作秘話は時折笑いもおこり和やかに進んで行きます。
生物的に考えるとオオカミや夜行性の上とても嗅覚の鋭い動物なんだそうで、きちんと考えると話が成立しないという話も出てきたり。

そして客席の後方から中村獅童さん登場!
てれび絵本では読まれることのなかった『まんげつのよるに』を朗読していただきました。

そしてそのあとは20周年記念ケーキの登場と三人でのトークでした。
CIMG7373
イベント終了後はきむら先生とあべ弘士さんのサイン会もあり、大盛況に終わりました。

そしてイベントで登場した20周年ケーキ。
ガブとメイ部分を除いて観覧していた両先生方とスタッフ、絵本講座の生徒さんたちとでおいしく頂きました。
CIMG7374
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ