きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

2014年03月

お祝い事など日々つれづれ

先月末からチームイックメン発足、12支キッズ完成とお祝い事が続きますが、
きむらの著作のひとつ「パッチン絵本」シリーズもお祝い事が!

ついに100万部突破です

100万部突破記念にパーティーがありました。
5
絵を描いて頂いた長野ヒデ子さんやせべまさゆきさん、出版社の方々とお祝いです。

また、舟崎克彦さんの展覧会にも行ってきたり、
19

合唱曲「あらしのよるに」のコンサートに行って、皆様にご挨拶したり、
15

非常勤講師をしている東京純心女子大学の卒業式で教え子を送り出したりしていました。
14
1年の時に授業を受けたあとも、卒業するまできむらの授業がある時には研究室に顔を出してくれた子たちと記念撮影。

忘年度会

とある出版者さんが毎年この時期に忘年度会を開催しており、今年も行ってきました
一昨年、花やしき。去年、東京タワー。
今年は・・・なんと立川にある陸上自衛隊の駐屯地に行ってきました

今年は「自らは行かないけれど、見てみたい」をテーマに初の2コース選択制だそうで、
国立極地研究所か陸上自衛隊・立川駐屯地か選ぶことが出来ました。
なかなか自衛隊の駐屯地には行く機会がないので、せっかくだからと14日に奥様も一緒に見学してきました。

24
救助ヘリの説明を受けている時には雪が吹き付けるような時も
22
駐屯地内の移動の時には高機動車に乗せてもらいました。
23
車の中ではヘルメット着用。動いてる時には、さすがに手ブレしてしまいます。

13
シークレットゲストの林家三平さんと記念撮影。

新刊 続々!

続々と新刊が出来ました

まずは、今までずーっとしていた12支キッズのしかけえほんがいよいよラスト1冊です。
最後を飾るのはひつじちゃん。
今までにもこんな子いるよねという子ばかりでしたが、自分そっくりの子はいましたでしょうか?
この機会にもう一度見てみては
20140303182224_00001


もう1冊はこちらもしかけ絵本ですが、乗り物のしかけ絵本は久しぶりなのではないでしょうか。
絵本講座の生徒さんでもある朝日奈すいかさんとタッグを組んで出版された可愛い絵本になりました。
20140306135936_00001

そしてひつじちゃんで12支キッズが全員揃ったのでお祝いもしました
image

image_2

image_9

色とりどり、個性豊かな子どもたちの中には、きっと「これ私かな?」という子が見つかりますよ

チームイックメン発足!

さて、先日ご紹介した『うちのパパはウルトライックメン』ですが、作品完成のお祝いと本に関わった方々の懇親会が行なわれました。

今後の続編も視野に入れてチームイックメン発足です

_2_
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ