きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

2013年11月

イベントinひたちなか市

11月23日にひたちなか市にあるワークプラザ勝田という所で原画展&トークショーをしてきました。

原画展ではきむらゆういちとゆかいななかまたちで出版した『てをつなごう』、『にこにこぽかぽか』の原画を1話につき2枚ずつと、生原稿を1枚の額に入れたものを展示しました。
展示場所は建物に入ってすぐのエントランス部分。
IMG_0711
2階からのぞくとこんな感じです。

入ってすぐ見える所には今回の展覧会のポスターとそれぞれの方のプロフィール。
同じものを原画と原稿の所にも貼りました。
IMG_0718
IMG_0716
IMG_0709
見本と音筆のコーナーも作りました。

イベントの写真などはまた後日。

純心女子大の授業〜

純心女子大学では後期の授業で「マンガとアニメ」という授業のうち3回を担当しています。
今回はアニメをテーマに1回目の授業ではソーマトロープ(表と裏に絵が描かれた紙を回転させて残像によって、ひとつの絵に見える玩具)やフェナキストスコープ(円形の紙にスリットを入れ、パラパラマンガの様に絵を描いてまわすと動いて見える玩具)を見せて、宿題に出しました。

2回目の授業ではアニメの脚本もされている人をゲストに呼んで、アニメの脚本はどのように決まるのかや実際の台本などを見せてもらいました。
IMG_0644
IMG_0640
宿題に出していたフェナキストスコープの発表もしました。
IMG_0650

3回目の授業はアニメ監督をお呼びして、セル画を使ったアニメからデジタルへの移り変わりを実際に画像を見ながら説明してもらいました。
IMG_0656
IMG_0657
IMG_0660
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ