きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

2013年04月

出張絵本講座

今回はきむら先生は宮本先生と一緒に出張絵本講座です。
今回の開講場所は小淵沢にあるえほん村

車に参加する絵本講座生さんも同乗していったのですが、途中のSAにあった顔出し看板での撮影はお約束
CIMG5373

初日の絵本講座を熱心に聴く人々。
CIMG5378
新しく出会った生徒さんたちと。
CIMG5380

夜は二日目の出版社の売り込みにも参加する人たちと食事
CIMG5383

二日目の売り込みタイムまでの間に近くの黒井健さんの美術館に。
CIMG5408

売り込みタイム。皆さん真剣です。
CIMG5413

オフィスでの絵本講座も含めて19日から4日連続絵本講座。お疲れ様でした。

すごいよねずみくんが多言語化しました!

目黒区が施行した目黒区子ども条例の啓発を目的とした絵本、「すごいよ ねずみくん」が色々な国の言語に翻訳され目黒区のホームページに公開されました。

まず、きむら先生が文を書いた絵本が出版されたのですが区民の方の協力で点字絵本や音訳CDになり、マルチメディアDAISYと言う視覚障害を持っているなど印刷物を読むのが困難な方のためのデジタル録音図書になりました。
それからさらにマルチメディアDAISYの英語、中国語、韓国語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語、タイ語版が出来ました

マルチメディアDAISYは専用のソフトが必要ですが、無料ダウンロードできますし読んでいる部分の文字がハイライトで表示されるので、語学の勉強にも使えような感じです
今月末には9ヵ国語対応のデジタル絵本も公開される予定ですので、そちらも楽しみにしていて下さいね。

こちらでダウンロードや詳しい説明を見ることができます。

第二弾の登場です

以前ご紹介した「スマほん」内はじめてのえほんシリーズに新しい仲間が増えました。
こちらも赤ちゃんがタッチするだけで楽しめる可愛いお話です

それぞれのお話の絵を描いているのは絵本講座の講師をして頂いている宮本えつよしさんと絵本講座の生徒さんたち。
それぞれ異なった雰囲気の絵なので、赤ちゃんの気に入るものがきっとあります。
また、紙の絵本のようにいっぺんにとはいきませんが、ページを戻ることもできるので何度でも同じシーンを遊ぶことも可能です

気になる方はぜひダウンロードしてみて下さいね
Android端末の方はこちら(Google Play)
ipadやiphoneなどはこちら(App store)

金沢講演

3月末に金沢にある知る人ぞ知る子どもの本専門店「チルクリ」さんのリニューアルオープン記念講演会に行ってきました。

「チルクリ」さんは以前あった所から泉の台幼稚舎の真向かいにあるエデュカーレの1Fにお引っ越しをしました
講演会の様子は今回は割愛して、講演後のサイン会の様子です。
P3240135
P3240137
P3240143
こうして見ると、いつものサイン会とちょっと違うことが…。
サイン会の時にはお母さんやお父さんがそばにいて子どもはお母さんの陰に隠れてしまったりしていることも多いのですが、こんなにまじまじとサインしている所を見られて、きむら先生はちょっと照れてそうです。
実際はどんな様子だったのか、スタッフぴぃは同行していないので分らないのですが…

P3240146
何にせよ、大盛況だったのはたしかみたいです
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ