きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

2007年03月

じつはお花が好き…5

13579051.jpg
先月のバレンタインデーはちょうどスタッフ全員が集まる日でした。
みんなでそれぞれきむらさんが好きそうなものを作って持ち寄り夕方おいしくいただいたのでした。
(何を作ったかというとチョコレート系のお菓子プレートです。フルーツと一緒にデコレーションして出したのでおしゃれな一皿になりました。)
で、そのお返しにサプライズな出来事が。
きむらせんせいがアトリエに突然たくさんの鉢を抱えて現れたのです。
さすがガーデニングが趣味の先生、ステキな鉢植えばかりをくださいました。
鉢植えを見ながら、ああ、先生はとってもロマンチストなんじゃないかと思いました。ありがとう。>スタッフ一同

あたらしい連載のはじまり はじまり

これからきむらゆういちのアトリエや仕事先などのできごとをこちらでつづることになりました。おもにきむらゆういちのアトリエをお手伝いする長谷川とめいがつづりますが、ときどききむらゆういち本人も書かせていただきます。
どうぞよろしく!♥
それではさっそく、小学館の学年雑誌連載のお知らせ。
「小学五年生」「小六」で「556ラボ」がスタートしました。
すっごくかわいい女の子ココロちゃん。
これから何がおきるのがとってもたのしみです。
小学館ホームページは

http://www.shogakukan.co.jp/magazines/

姫川さんのホームページは

http://www.hiuri.com/himekawa-akira/index.html

なるほど、なるほど。姫川さんの公式サイトを読ませていただきました。
姫川さんってお二人のコンビなんですね。
プロフィールにある動物占いによれば、お二人はライオンとオオカミなんだそうです。
そのうえお一人は元トリマーの経験もあるなんてすてきなキャリアをお持ちです。
きむらさんもオオカミが好きだから引き寄せられたご縁なのかも。
(スタッフめい)

ねぎぼうずの会5

今日から、きむらゆういちの日々の素顔に、スタッフが目をこらした観察日記をつけることになりました。数々の作品が生まれるその裏側や毎日の出来事など、楽しく綴って行きますので、みなさんも一緒に、きむらゆういちの日常をのぞいてみましょう!

晴れ渡る空の下、今日のきむらは愛知県の豊田市へ、講演会に行ってきました。
新幹線と電車を乗り継いでの小さな旅の中で、きむらがとっても楽しみにしている事は・・・。

駅弁。

そう、きむらはとっても食いしん坊。
美味しさをほおばりながら、列車の窓の外に富士山が見えると「わあ!」とはしゃぎます。

講演会は、今日も大成功。小説の執筆で、ほぼ徹夜状態だったにも関わらず、元気な笑顔を絶やさず、時にコミカルに、時に真面目なテーマ、と、さまざまな事を語っていきます。
きむらのおしゃべりと、「風切る翼」の読み聞かせは、会場をとてもあたたかく、じんわりとぬくもりで包んで行くようでした。

講演を終えてからのサイン会には、長蛇の列!
ほんとうにたくさんの方々が、きむらの作品に触れて感じた思いを伝えに
並んでくださいました。
きむらは感謝の気持ちを込めて、ひとりひとり、一冊また一冊と、丁寧にサインやイラストを入れ、言葉を交わします。
・・・時々、肩マッサージタイムを取りながら!

お世話になった、ねぎぼうずの会の皆様、会場の方々、
足を運んでくださったたくさんのみなさま、
素敵な思い出を、ありがとうございました!
 
(長谷川)
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ