きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

2002年06月

NHKの「首都圏ネットワーク」

2002年6月24日

☆NHK首都圏ネットワーク

NHK首都圏ネットワークの収録に来る。
このところ取材が週に3回はあるせいか
テープが回って、カメラを向けられる中で話すのに
少し慣れてきた。
そのせいか、徹子の部屋の時より緊張しないでしゃべれた。

7月4日のON AIRを見た人からは
「NHKにいくら払ったんだ?」
って言われる位「あらしのよるに」を誉めてくれていた。

でも、一番嬉しかったのは出演記念にカードカメラと
ボイスレコーダーとMDウォークマンを貰った事だ。
(きむら)

堀越千秋の展覧会

2002年6月17日

☆ピンポイント ギャラリーに行く。

予備校の時の同級生の展覧会だからだ。
堀越 千秋といって、彼はスペイン在住の画家となって
活躍しているのは知ってたが、読売の日曜版に毎週エッセイを
書いていたので、こっちはもっとよく知っていた。

何十年ぶりかの再会。彼もよく憶えていてくれた。
昔話に花が咲き、もう一度来るから、その時メシを食おうと
約束する。

あの頃から なんか存在感のある奴だったけど、
そういう奴は必ず何十年後にそれなりの活躍をしているものだ。
ふと、その頃のボクはどんな風に見えていたのだろうかと思う。
来年はスペインに行こうと思う。
(きむら)続きを読む

あべ弘士さんと上野動物園ツアー5

2002年6月09日

☆上野動物園ツアー

あべ弘士と上野動物園ツアーをする。
学生やO.B、編集者など20人位で
元飼育係の説明を聞きながら、動物園を周れるのだ。
費用は入場料のみ。
やはり、ゾウだけでもこんなに面白い話があるものだと
感心する。

その後、居酒屋へ。
更にその後、カラオケルームに入って
サッカーの日本対ロシア戦をみんなで大騒ぎして観る。
やはり、サッカーは多勢で見る方が楽しい。
(きむら)
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ