きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

絵本教室 第1期生 最終日!5

うわああ〜すごいなあ。すごいなあ。 みんな、それぞれ10人が一冊の絵本のラフを完成させました。 みんな素敵な個性の持ち主。 月一度の上級クラスに進級しました。 おめでとう! おめでとう! 絵本教室第一期生最終日 講義?!

!6月8日から第2期の絵本講座に2名分空きがでましたが・・・4

定員が空いておりましたが、先ほど、
☆★19時〜のクラスは定員に達しました。☆★

☆★
その他にもクラスを増設することになりましたので、
ご希望の方は下記の絵本講座申込用紙にてご連絡ください。
お時間の調整次第になりますが増設クラスを設けます。☆★

153-0052 目黒区祐天寺2−14−21イプセ祐天寺501
電話:3794−1170 
ファックス:3794−5344
メール:gobbleandmay@smile.odn.ne.jp

申込用紙は、
http://www1.odn.ne.jp/kimura-yuuichi/special/stage.html
から入手するか、
事務所にお問い合わせいたけばご自宅に送ることもできます。

さあ、あなたも、絵本作家になりましょう!

(めい)

絵本教室 速報? ゲストのお話を聞いてみよう5

絵本教室 ゲスト 教育画劇の清田さん

(ライブ中継?)絵本教室ワンシーンです。
この日はちょっとだけ涼しい一日でしたが、
教育画劇の敏腕編集者、清田さんが当教室にいらっしゃいました。

現役の編集者が考える絵本とは? そして欲しい作家とは?
持ち込みの現状などについていろいろな話が出てきました。

参加者の生徒さんもみんなそれぞれメモを取っていましたが、
現場の話(本音)をナマで聞けるせいでしょうか…ピーンと緊張感が漂っていました。

さあ、25日は最終講義、みなさんの作品の発表会です。


第3期は9月スタートです。
(現在、第2期も1名分空きができました。)


ご興味のある方は是非、お問い合わせください。
待っています!
gobbleandmay@smile.odn.ne.jp

取材4

取材受ける木村

たこ焼きむら

たこやきむら

たこやきむら

昨日のきむらは、たこ焼きを山盛りいただきました! 一日、造形絵本の作品撮影でスタジオ作業だったので、 この本の絵とお話を担当している、大阪出身の宮本えつよしさんが ご褒美にと、わざわざたこ焼きセットを持参して、鶏ガラで出汁からとって 作ってくれたのです! さすが本場仕込みの腕前! とってもとっても美味しくて、びっくるするほどみんなたくさん食べました。 カメラマンの安田さんも大阪出身ということもあり、このたこ焼きパーティー、 大盛り上がりでした。 きむらの手つきもかなりいい感じでしたよ! 今回は、宮本さんのこだわりの食べ方。 ソースではなく、あえておしょうゆでいただくのです。 さっぱりとしていて、文字通りいくらでも食べられてしまうから不思議。 そのうち、安田さんから七味とマヨネーズとポン酢でのアレンジも加わり、 さらに食欲が加速。 スタッフのお手製のおにぎりとサンドイッチも飛ぶように売れました。 いいお仕事を頑張ったあとにみんなでいただくお食事は格別! みんなの笑顔が咲き誇る素敵な一日に 幸せそうな、きむらでした。 (長谷川)

絵本教室にいらしたゲスト かとうようこさん 木村春子さん 

絵本教室20070429絵本教室20070420_2 事務局長のめいです。 この日は気温18度という比較的あたたかな一日でした。 昨日は生徒さんの発表だけでなく、 なんと 作家の かとうようこさん がお話しに来てくださいました。 やさしいおっとりとした口調でお話しされる方ですが、 とっても芯のある、ふんわりとした色調からいろいろな絵を描かれる作家さんです。 (つづく)

ろけっと ひゅうううーん5

ロケットるんるんろけっとるんるん2ろけっとるんるん3








夏ごろにでる幼稚園や保育園向け工作の試作品です。
ろけっと ひゅうううーん。
どこまで とぶかな 火星かな?

(めい)

おたんじょうびおめでとう!!

ケーキムラ

きむらゆういちは、4/14にお誕生日を迎えました!
パチパチパチ!

今日はアトリエにて、朝からスタッフと、打ち合わせのお約束をしていた出版社の方と、サプライズパーティーでした。

スタッフ入魂の作の「くす玉」にケーキ、花束と贈り物に迎えられて、びっくりしながらもとっても嬉しそうなきむらの笑顔に、みんなとても幸せな気持ちをもらいました。

ろうそくの変わりに花火をさしたケーキ、とてもきれいでした!
ちょっと生地がやわらかくなりすぎましたが、おいしくできましたよ。

またひとつ素敵に歳を重ねたきむら、なんだかどんどん若返るようです。

これからも良い作品、期待してます!!(長谷川)

2007.4.9.ある日の日記5

今日のきむらは生き生きしてました。

午前中はブレーン会議。
これは、きむらの新作についてアイディアを出し合ったり、物語を進めていくヒントをとにかく話し合っていろいろ案を出す時間。

月に2度、数人のブレーンが集まって様々なテーマで話し合いをするのですが、きむらは、この会議で何かを決めたり、お話のストーリーを固めるのではなく、

ここで出た突拍子もない意見とか、ほんのちょっとした瞬間のひらめきをヒントにして
ひとりの執筆時間にダダダダっと集中して書き上げるという、

脳の活性化タイムとでも言いますか、頭のマッサージタイムのように考えているようで、
毎回メモの量がすごいです。

そしてお楽しみはランチタイム。毎回、アトリエの近所のお気に入りのお店をその日の気分で選んで、ランチをしながら会議は続きます。

この日は、和食バイキングの健康的なごはん屋さんで、きむらは白いご飯を2杯、そしてもりもりに盛りつけた、揚げ物や煮物、お肉にお魚にお野菜といった多彩なおかずを大きなお皿に2皿、さらにお刺身やデザートもぺろりとたいらげましたよ。

こんなにたくさん食べるのにスリムな体形を保ち続けていられるのは、頭を常にフル回転させているからという噂。

そして会議は続く、続く。気がつけば午後3時。 
あわててアトリエに戻り、次のお仕事です。

お写真は、きむらのお仕事中の図。
絵のデザインを直しています。

きむらの特技は、「集中」。
この周りでは、スタッフや宮本えつよしさんが、次の造形絵本用の
おもちゃの制作でわいわいどたばたやっているのですが、
その中で気を散らすことなく、いらいらすることもなく、
ちゃんと周りとの会話にもにこにこと参加しつつ、
自分のお仕事がバシッとできてしまうのです。

これはいつ見ても凄いなあと思います。

そんなこんなのある日の日記。

今日も生き生きとしていた、きむらでした。〈長谷川)


200704092007040920070409
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ