きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

製作発表会

 ついにこの日がやってきた。映画「あらしのよるに」の制作発表会の日である。 
 会見の場所は帝国ホテル。
 3階の控え室に案内されていってみると、もう正装をした多勢の人が集まっている。何だか「まるで結婚式みたい」とおもったくらいである。杉井監督や小林麻耶さんはもう先に来ていて2人と雑談をする。そこへ成宮寛貴さんが登場。成宮さんとは初対面。すごく感じのいい若者という印象だ。

坂東英ニさんやKABA.ちゃん、中村獅童さんも続々と登場。印象的だったのは獅童氏が来たとき思わずドキッとしたことだ。やはり今一番存在感のある人なのだと感じた。竹内力さんが遅れるというので、先にテーブルで打ち合せをしようというときに、竹内さんも登場。全員で記者会見の手順の打ち合せをする。会見が映画以外のプライベートな方向にならないように司会の小林アナの仕切りを細かく打ち合せする。


 いよいよ時間になる……。全員、ステージの横の部屋に座る席順に並ばされる。
 そのまま並んでステージに上がる。大広間には350人の報道陣がこちらを見ている。
 席に着く。フラッシュがあちこちで光る。(うーむ、すごい。絵本作家がこんなところに座っていることがすごい。)そう思っていると、小林アナから打ち合せ通りの質問がとんでくる。ボクは「絵本は作家、画家と編集者の3人いれば作れる世界だけど、映画は1千人近い人がかかわって完成する作品だ。今この席にいることはボクにとってとても感慨深い。」というようなことを話す。

 会見は予定通り、プライベートなことにはほとんど触れず、みな作品の内容などにもふれて無事に終わる。
 次に撮影タイムだ。
 目線を左に、次は正面に、次は右にと言われるままにフラッシュの嵐。(一度にこんなにフラッシュを浴びることなんて、そうめったにあることじゃないだろうな。)まぶしい光の中でそう思う。
 終わって控え室でみんなで弁当タイム。やはり終わった後はなごやかな雰囲気だ。
(つづく)
(きむら)

アフレコ初日

8月2日 映画のアフレコの初日である。なんとこの映画の声優陣に交じってボクも一言だけ入ることになっているのだ。ボクの声、つまりこの映画の作者の声は何といったのでしょう?というクイズをホームページで出し、正解者には抽選で豪華賞品が当たるという企画ができたからだ。「ボクの声をあてるには映画を3回は観なくてはわからない」というキャッチフレーズでこの映画を盛り上げるのに一役買おうと思って考えた企画なので、ぜひこれを読んだ方は挑戦してみて欲しい。 
 それはさておき、ボクにとってはアフレコなんて初めてのことだ。ボイスレコーダーに何度か入れてみたが今ひとつピンとこない。携帯のマイボイス録音にその一言のセリフを練習しながらスタジオに向かう。
 スタジオに着くと、トップバッターの坂東英ニさんが収録中。ヤギの長老の役だが、咳をする場面が何度かあり、「咳の仕方で表現するのは大変だ。」といいながら何度もコホン、コホンと咳の演技を入れて無事収録が終わる。さて次はボクの番だ。
 先に来て収録を見ていた小林麻耶さんが励ましてくれるが、緊張はさらに高まる。ところでTBSアナウンサーの小林さんは気さくで元気で明るい。彼女がいると部屋がパッとあかるくなるような華がある。その意味でいかにも女子アナっていう感じじゃなくて実にいい人だった。ヘッドホーンをつけ、画面にマークが出た瞬間にセリフをしゃべりはじめ、マークが消えるまでに言い終わらなければならない。たった一言なのに、それが実に大変なのだ。画面のキャラクターは動いているので、その動きをやりながら喋りたいのだが、そうすると声がマイクからそれてしまう。マイクに声をきちんと入れながら動作しているように喋らなければならないし、尺あわせもしなければならない。たった一言でもアフレコの奥深さを思い知らされる。監督からOKが出たが、自分では今ひとつだった。小林麻耶さんが「先生の声、すてきでしたよ。」といわれたのが唯一の救いだった。
 さて、次は竹内力さん。こわもてのキャラのせいか何だか近寄りがたい。ギロの声の訳だが、その怖さがピッタリだった。特に「バカヤロウ!!」とどなるセリフがあるのだが、そのセリフのすごさにガラスの外のスタッフたち全員がドキッとして飛び上がったくらいだ。セリフだとわかっていても、一瞬みんな自分が怒られた気分になったのがおかしかった。
 さて、次は小林麻耶さんの番。彼女も「ものすごく緊張する。」と言ってスタジオに入っていった。声が可愛くて味があって良いなと思っていたら、監督から「もう少し年齢を上げた声にして。」と言われて撮り直し。やり直しの収録から出てきた彼女に「タプに文句を言うセリフが特に良かったです。」と労をねぎらう。
(きむら)

おはなし夢ひろば

7月31日 「おはなし夢ひろば」という朗読イベントのため大阪に行く。会場は2回ともほぼ満席。4つの作品を毎日放送のアナウンサーが読んでいく。ラストがボクの『ゆらゆらばしの上で』だ。最後にステージの上でプレゼント抽選会が行われる。ボクもアナウンサーの方々に呼ばれて紹介されステージの上に。そこで「あらしのよるに」の映画化を発表する。終了後ロビーで絵本のサイン会と映画の前売り券を買ってくれた人のために映画のポストカードにサインする。この日、前売券を買った人にはガブ、メイライトやポスター、そしてサイン入りポストカードがもらえるとあって100枚くらい売れた。半年も先の映画券を今から買ってくれるとはすごいことだと思った。

こどもの読書推進フォーラム 記念講演

読書推進するきむら この日のきむらは朝から晩まで大忙しでした。 皮切りは朝の打ち合わせ、それから軽くお昼を食べてから講演会場に向かい、記念公演をばっちりつとめあげ、その後はテレビ東京の撮影とインタビューなどがあり、一日中大忙しでした。 (たかはしめい)

金沢の「うつのみや書店」5

2002年8月10・11日

☆金沢・うつのみや書店

“うつのみや”と言う金沢の書店でサイン会。
書店に着くと、入口の上に「木村裕一サイン会」と書かれた
大きな看板が。
思わず、その前で記念撮影。

サイン会の前に、おはなし隊の読み聞かせがある。
読み手の方が子ども達に聞いた。

読み手の方:「木村 裕一先生って知ってる?」
子供達  :「知らなーい」
読み手の方:「この本 知ってる?」
      (ごあいさつあそびを見せて)
子供達  :「持ってるー」

このやり取りが、子供の本を象徴している様で
面白かった。

サイン会の時に、並んでる人の中でFM金沢の
アナウンサーの方がいて、
「この間、ラジオで紹介したんです。」と言ってくれた。

11日

古くから知っている金沢の泉の台幼稚舎の園長さんが、
温泉付きで金沢の魚料理を接待してくれる。
うーむ、のどぐろ、じぶに・・・・みんな旨い!(きむら)続きを読む

NHKの「首都圏ネットワーク」

2002年6月24日

☆NHK首都圏ネットワーク

NHK首都圏ネットワークの収録に来る。
このところ取材が週に3回はあるせいか
テープが回って、カメラを向けられる中で話すのに
少し慣れてきた。
そのせいか、徹子の部屋の時より緊張しないでしゃべれた。

7月4日のON AIRを見た人からは
「NHKにいくら払ったんだ?」
って言われる位「あらしのよるに」を誉めてくれていた。

でも、一番嬉しかったのは出演記念にカードカメラと
ボイスレコーダーとMDウォークマンを貰った事だ。
(きむら)

堀越千秋の展覧会

2002年6月17日

☆ピンポイント ギャラリーに行く。

予備校の時の同級生の展覧会だからだ。
堀越 千秋といって、彼はスペイン在住の画家となって
活躍しているのは知ってたが、読売の日曜版に毎週エッセイを
書いていたので、こっちはもっとよく知っていた。

何十年ぶりかの再会。彼もよく憶えていてくれた。
昔話に花が咲き、もう一度来るから、その時メシを食おうと
約束する。

あの頃から なんか存在感のある奴だったけど、
そういう奴は必ず何十年後にそれなりの活躍をしているものだ。
ふと、その頃のボクはどんな風に見えていたのだろうかと思う。
来年はスペインに行こうと思う。
(きむら)続きを読む

あべ弘士さんと上野動物園ツアー5

2002年6月09日

☆上野動物園ツアー

あべ弘士と上野動物園ツアーをする。
学生やO.B、編集者など20人位で
元飼育係の説明を聞きながら、動物園を周れるのだ。
費用は入場料のみ。
やはり、ゾウだけでもこんなに面白い話があるものだと
感心する。

その後、居酒屋へ。
更にその後、カラオケルームに入って
サッカーの日本対ロシア戦をみんなで大騒ぎして観る。
やはり、サッカーは多勢で見る方が楽しい。
(きむら)

産経児童出版文化賞の推薦…紀子さまとの出会い4

2002年5月29日

☆授賞式

エッセイを書こうと思っているうちに3ヶ月も経ってしまった。
仕方が無い、まとめて3ヶ月分の記憶の糸をたどって
書いてみよう。

“オオカミのともだち”がサンケイ児童出版文化賞の推薦に
入ったので、受賞式に行く。

この授賞式は他と違うところが一つだけある。
それは授賞式のリハーサルがあると言う事だ。ま、リハーサル
と言っても「ここで立って受け取って下さい。
あ、もう少し前で、そうそう・・・」
という位であるが、何故早い時間に受賞者を集めてそんな事を
するのかと、その訳はな、なんと秋篠宮紀子妃殿下が
来られるからなのだ。と思う。

受賞者はみな紀子さまの前で一礼をして、賞状を貰う。
その間、紀子さまはずっとニコニコしておられる。
それだけじゃない、その後に開かれる受賞パーティーで、
紀子さまは受賞者一人一人から作品についての話を聞かれる。

今回は推薦という、この賞の中では一番下だったので、
その順番は最後の方だった。前回は”あらしのよるに”が
JR賞という準優勝の様なやつだったから、初めの方だったが、
その時は緊張してあまり話せなかったのだ。
でも、2回目ともなると、なんか気楽な気分で話し掛ける
事が出来た。

木村:「あの、ボク前にもこのパーティーでお会いしている
   んですけど、憶えています?八年前の“あらしのよるに”
   って本の時です。」
紀子さま:「ええ、知ってます。うちの子が図書館で借りて来て
   読んでますから・・・。」
木村:「へえ〜ホントですか?あらしのよるにを?」
紀子さま:「ええ、その続編も借りてうちの子が読んでますよ。」
木村:「おいくつでしたっけ?」

そこで隣にいた編集者が突然真っ青になる。ボクがいきなり
紀子さまの歳を聞いたと思ったからだ。
紀子さまも一瞬、沈黙した後、

紀子さま:「9歳です。」
木村:「あ、じゃあ今度お子さんに本を贈りましょうか。ところで
   住所とかってあるんですか?」

すると、そこで脇に控えていた産経新聞の偉い人が、
「産経新聞気付でお願いします。」
と、さっと名刺を出して来た。そして
「時間がありませんので、次の方に。」
と言われて押し出されてしまった。どうも危ないヤツと思われた
かもしれない。
住所の次はメールアドレスも聞きたかっただけなのにな。
(きむら)

続きを読む

池袋 リブロのサイン会4

池袋リブロのサイン会

ボクは今まで、店頭でのサイン会はあまりやらない。
芸能人でも有名人でもないボクが、いきなり書店の店先で
サインしますと、言ってもあまり人が来ないからである。

前にやった時、呼びかける声だけがムナシク響き渡り、
一人孤独にテーブルに座っている事の辛さを経験すると、
もう二度と嫌!と思ってしまう。
だから逆にそんな作家を見かけると、つい同情して、
読む気の無い本まで買ってしまう事もある。

今では講演会やイベントの後のサイン会だけと決めている。
それなら必ず沢山の人が並んでくれるからだ。
だから本当はこの日も人が来るのか、半信半疑だった。
ところがである。

行って見ると、もう人が沢山並んでいたのだ。それも列の最後に
“ここが最後尾です”という看板を持った人までいる。
まるでコンサートやMOMA展の様だ。思わずボクは
“今日何かあるんですか?”
と聞きそうになる位、自分の事だと思えない光景だった。
結局120人位の人が並んでくれて、サイン会終了。

その後、講談社の局長のおごりで中華を食べる。
それにしても、こういう後の食事は
本当に美味しく食べられるものだ。
続きを読む
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ