きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

きむらのコラム 来週火曜日発売の雑誌に!


来週火曜日(7月10日)発売の「週刊女性」
(「Newsガブ飲み」のコーナー)にきむらのコラムが載ります。
なぜ人は働くのか、みなさんはどう思います?
・・・ぜひ読んでみてください。
コラムを読んで、じーんと来たら、
何かを感じたら、
それは
あなたが変る時なのかもしれません。

(高橋めい)

きむらゆういちの世界展 おたのしみ情報5

きむらのあかちゃんのあそびぬいぐるみ








あかちゃんのあそび絵本からとびだした


おお、これは! 
袋から飛び出した瞬間、高橋は感涙でした。
あの、コロやピーちゃんがあんまりにもかわいくできていて、うれしかった。
じつはこれ、
9月8日からはじまる「きむらゆういちの世界展」で売り出されるぬいぐるみたちです

絵本の世界から飛び出した感じがしませんか?
これはまだ試作品で、胴体よりも顔を大きくするとか、どんな生地にしてみようとか、あれこれみんなの知恵を絞ってより良いものにしていきます。
一歩先にみなさんにお見せします! ちらっ!

(高橋めい)

きむらinきむら屋 そして きむらゆういちの世界展顔合わせ5

今日の木村は、朝から打ち合わせ、そして、スタッフはスタッフで、それぞれ自分の仕事で大忙しでした。壊れたプリンターを取り外して新機種に切り替えたり、講演会の打ち合わせであちこち電話したり、書籍の在庫を調べたりと、アトリエ全体が賑やかそのものでした。
そんなこんなであっという間に12時を過ぎ、慌てて映画の試写会へと地下鉄に乗って向かったような状態で、当然、全員お昼ご飯をとばしました。
会場近くの出口を出て、木村は"かなり"お腹がすいていたのでしょう。コンビニを見つけてさっそく中へ入り、コロッケサンドを買ったと同時に食べていました。(まるで子どもです。)
我々が観た映画は、ヒラリー・スワンク主演の映画「フリーダム・ライターズ」といって、アメリカの実話を元にしたものでした。
それぞれの生徒達が抱えていた苦しみや悲しみを、1人の新米教師が受け止め、その教師との出会いを通じて、生徒も諦めずに未来を切り開こうと変っていくお話です。
(個人的にハンカチ必須でした。みなさんもぜひ!)
原作は、講談社から6月後半に出る予定だそうです。
映画の試写会を終え、「今日は事務所の全体会議をやろう!」ということになり、それにふさわしく「木村屋」@銀座が会場に選ばれました。
ご飯ものに目が無いきむらは、もちろん「ステーキ丼」です。お野菜もバランスよく盛られていてさすが「木村屋」です。きむらは、おいしくって1粒も残さず食べました。

あまりに無心だったのか、何故か箸を握りしめながら、スプーンで食べてみたり。
きむらとはしとスプーンの濃厚な関係

さて、食事の後、おいしい餡パイを食べながら、事務所の業務のことを話しているうち、今度は9月に開催予定の世界展の会議の時間になり、出版社からぬいぐるみのメーカーさん、そして三越の社員さんなどが集るご挨拶会となりました。
会場に来ていただいた方に、よろこんでいただこうをコンセプトにこれから当日に向け、みんなでダッシュです。
全国を回る予定ですが、詳細は追ってお知らせします。
おたのしみにね!
きむらゆういちせかいてん顔合わせ1

(高橋めい)

テレビ東京「すなっぷ」登場予定5

「すなっぷ」木村が登場します。見てね! 6月27日(水)19:55〜20:00 TV東京 (高橋めい)

うれしいなあ>>5

小学5年生の読者から「おしゃべりひろば」に感想が寄せられました。 うれしいなあ。 きむらからの感想…あとで掲載します。 -------------------------------------------------- 毎月楽しみです☆  投稿者:☆nana☆   はじめまして、☆nana☆です!! 書き込みは初めてなので、ドキドキしてます☆ 小学五年生に掲載している『556ラボ』毎月楽しみにしています!! あんなに女心がわかるなんて、びっくりです。 毎月『556ラボ』を読むたびに、続きが気になって気になってしょうがないです。 これからも、ほかの漫画家に負けず、がんばって下さい^^ -------------------------------------------------- (めい)

取材を受ける4

取材を受ける0608この日のきむらは、朝、とっても眠かった。 いや、寝ていたと思う。 業務連絡を入れる電話に、うつろな声で返事が返る。 これはかわいそうなので、「あとで電話しましょうか?」と伺うと、「いや、今日はこれから週刊誌の取材があるんだよ。もう起きるよ」と返事がかえってくる。 それから急いで支度をしたのでしょう。 とりあえず、目覚めたきむらでした。 (高橋めい)

恒例のBBQ そして足にまつわる話5

05292007_4 05292007_5 足もみはきもちいい! (めい)

『ミリオンセラーのつくり方』 紹介

6fdd5498.jpg今日は、ちょっと本のご紹介をいたしましょう。 メールなどで読者の方からお問い合わせがあり、 木村の作品について聞かれることがあてます。 作品作りの舞台裏については、『ミリオンセラーのつくり方』(ビジネス社)が 一番おすすめです。 日経新聞でお話させていただいた「おはなしタペストーリー」『よーするに医学えほん』『あらしのよるに』「あかちゃんのあそびえほん」シリーズ、アニメ「あらしのよるに」の台本と、今まで作ってきた代表的な作品が網羅されています。 インタビューも、原ゆたかさん、宮西達也さん、エムナマエさん、 高橋克典さん、早見優さん、柳家禽太夫さんと、 分野が同じでも、ちがっても共通する仕事に対する姿勢、 プロとは何か、プロとアマの違いは何かなどについて語っています。 1冊で頭が充実する内容です。 きむらの作品作りについて知りたい方、どうぞ一度読んでみてください。 次回は、『童話のつくり方』をご紹介します。 (めい)

『どうしてしらんぷり』が聴けますよ!5

「どうしてしらんぷり」
作詞:きむらゆういち 作曲:濱田理恵
NHKのサイトで歌がちょっとだけきけます。

http://www.nhk.or.jp/kids/okaa/index.html
このURLの「うた」をクリック!
→「うたをきく」をクリック!

本日、サイトにアップされたばかりの
湯気がたつほどホヤホヤなニュースでした。

(高橋めい)

『幸せな嘘』 書評5

ab0e3b9d.jpgきむらの大人向けの作品『幸せな嘘』(小学館)の書評が西日本新聞の「読書館」に出ました。ごらんいただいた方もいらっしゃるかしら。 原口美智子さんという方が書いてくださったようです。 読んでみて、ストレートに小説のコメントをくださっているなあと感じました。 (高橋めい)
きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ