きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家きむらゆういちの公式ブログです。イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちのアトリエ通信 イメージ画像

更新情報

「銀座のナルニア国でモンゴル人作家と トークショーをやるから来ないか。」と福音館の編集者でプロデューサーの唐さんから電話。行ってみるとグォミイさんや石川えり子さんなど知ってる顔もちらほら。モンゴル人作家は旦那さん、絵は奥さん。そしてモンゴルからお母さんま
『2018/07/06 モンゴル絵本と唐さんトークショー』の画像

実は講演会前の準備段階で今までにないというくらいの質問攻めでした。完璧な準備をする担当の方々で果たしてボクなどが行ってどうなるんだろうと思ったらみなさん本当に一生懸命で、そして終わった時には「すごく感動した。」と言ってくれてホッとした、人権講演会でした。

去年も来ているので、凄く面白いのは分かっていました。ただ、去年は出張の時間のため、おまけの時間までいられませんでした。今回こそは最後まで!そう思って行くとやはり笑いの連続。笑いだけではない、ためになる。特にコスタリカという国の話はとても参考になった。戦争
『2018/07/03 松元ヒロ ライブ』の画像

思い出に残る講演会はいくつもあるがこの青森県十和田市の講演は特別な意味で忘れられない講演、第1位だろう。まず全国各地に毎月平均2〜3回講演に呼ばれている。初めて呼ばれたのが28歳の時だから、もうかれこれ40年以上やっていることになる。初めの頃は造形で、途中
『2018/06/27-28 青森』の画像

11月3日からの博多座公演のインタビューのため松竹に行く。 獅童さんと松也さんと3人でインタビューに答える。もちろん歌舞伎『あらしのよるに』を宣伝するためだからみんな原作を褒めちぎる。作者にとって嬉しい限りのインタビューだった。それにしても間近で見ても松
『2018/6/19 獅童・松也』の画像

羽村という町に初めて行った。それも漆原氏イベントに誘われたからだ。彼はいつもボクの作品を評価してくれていて必ずどこかで書評に書いてくれている。けれど本人も中々の作家なのだ。最新作『火のカッパ』を送ってくれたがスゴイ作品だ。今回は『あかりちゃんのつうがくろ
『2018/6/16 漆原智良 イベント』の画像

JBBYで角野栄子氏の国際アンデルセン賞受賞のスピーチをするというので出かけて行った。3月にうちの絵本講座にゲストに来ていただき、その時は「そんなの無理よ。」と言っていたのにその4日後に受賞が決まったのだ。これはあいさつに行かなくてはと思って出かけた。相変わ
『2018/06/15 JBBY』の画像

最近、高齢者の事故がやたらと多い。ボクも今年で70歳。もういい加減、格好よりも安全を重視した車を選ばないと。そう思って各メーカーを回り、一番安全装備のある車を選んだ。ボルボXC40 ついにその新車が今日納品となった。「うーん。思ったより大きい車だ。」なんと

小児科医の毛利子来さんと言えば業界だけでなく 、一般にも著名な小児科医だ。本も数多く出版され、マスコミにも良く出ていた。その彼が亡くなったのだ。元々はあるテレビ番組のブレーンを2人でやっていてそのギャラの支払いについて2人で共闘したことがある。それ以来仲良

元講座生の浦野真樹さんの個展のオープニングに行く。行ってみると、どこでどう繋がったのか意外な人たちもいっぱい来ていて社交力の凄さにびっくり。ボクの絵本の編集担当者からかつて教えに行っていた大学の教え子までたくさんいる。彼女の詩にたくさんの方が絵をつけてい
『2018/05/29 浦野真樹さんの詩画展』の画像

↑このページのトップヘ