きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

7月2日 Homika 神戸講演会

今日もオサボリブログです

7月2日 きむら先生は神戸で講演会を行いました。
ここからはきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

Homikaとは「保護者の未来を輝かせたい」の略だそうです。
保育フェス2017では
広い会場でいろんな方や団体がイベントやワークショップをやっている。
そしてパン屋さんやお菓子の店が所狭しと出店している。
一周するだけで楽しい。
中でも教室を持たない”森の幼稚園”というグループが面白かった。
山に行って崖を登ったり、カエルを捕まえたり落ち葉に埋まったり自然の中で奇想天外な授業をしている。

さて、いよいよボクの講演が始まった。
いつものようにBGMで読み聞かせをし、そしてサイン会。
そこで会のフィナーレの時間がやってきて最後のセレモニーとなる。
実行委員は若い青年たち。
”また来年も続けよう”というあいさつが無事終了した。


次の日、ボクは田島征彦氏の家に行く約束をしていたので
淡路島にバスで向かう。
IMG_0346

バス停には征彦氏夫妻が迎えに来ていた。

征彦氏とは去年「いもさいばん」という絵本を出してから一度淡路島に行きますね。
と言いつつ中々実現しなかったが今回ついにそれが実現したのだ。

まずは魚のおいしいお店でまだ尾がヒクヒク動いている新鮮な魚でランチ。
そして征彦氏の家に。
2

アトリエを見せてもらい制作中の作品に感動。
帰る時には裏の畑でお土産のお野菜をもらって、

”では失礼しまーす。本当にいろいろごちそうさまでした。”


淡路島から新神戸。
新神戸から帰る途中の新幹線の中から電話してみると
友人の個展のオープニングをまだやっているという。

そこで東京駅から個展会場へ直行。

平澤重信

彼は高校の同級生だ。
油絵の画家で自由美術協会会員だ。
2年前に「ボクのじてんしゃ」という絵本をボクの作で出版した。

実に精力的に作品を描いているなと刺激を受けて帰る。
1


きむらゆういち

6月24日 オオカミ展トークショー「あらしのよるにのひみつ」

またまたオサボリブログです。

6月24日 きむら先生はふげん社で「あらしのよるにのひみつ」をテーマにトークを行いました。
ふげん社さんのフェイスブックで、そのときの様子を素敵にご紹介してくださいました。
ぜひご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

6月23日 浪曲会

今日もオサボリブログです

6月23日 きむら先生はふげん社で行われた浪曲会を聴きに行ってきました。
ここからはきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

オオカミ展が開催中にオオカミつながりで
オオカミロボの浪曲をやるというのでふげん社に聴きに行った。

浪曲というと、子供のころに聞いた
「妻は夫を労りつつ夫は妻に慕いつつ」
というのくらいしか覚えていなかったのだが、
聞いてみると意外に面白い。

ドキドキハラハラ
そしてジワ〜っと来たりします。

今度ぜひボクの絵本を浪曲にしてとお願いしたいくらいです。


きむらゆういち

2

5月19日 杉田豊氏 死去

杉田氏とは白百合大学にお互い教えに行っていた頃、大学の入口で知り合った。

ちょうど、どしゃぶりの雨が降ってきて
入口で2人で雨宿りしたのがきっかけで一緒に絵本を作るという話になった。

仕掛けをやってみたいというので一度プランを作って渡したが
やっぱり仕掛けじゃないのがいいというので新たに案を練り直してしまった。

今年こそ!

と思っていた矢先にこの知らせを受けてびっくり。

結局2人の絵本は永久に終わってしまった。


きむらゆういち
1
杉田氏最後の絵(奥様から送られてきました。)

6月14日 田窪恭治展

またまたオサボリブログです

6月14日 きむら先生は「田窪恭治展」に行ってきました
ここからはきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

高校の同級生に平沢重信、
予備校の同級生に堀越千秋(2016年 没)、
そして大学の同級生に田窪恭治がいる。
彼はフランスで、礼拝堂を彼のデザインでリメイクして有名になり、その後四国の金刀比羅宮で絵を描き現在に至る。

フランスではりんご。
金刀比羅宮では椿を描いている。
金刀比羅宮にも行ったが、その椿の絵が全体に描かれたレストランは本当に素敵だった。
実は平沢とも堀越とも一緒に絵本を出したのだが、さすがにりんごと椿の木だと
どうやって一緒に絵本を作ったらいいものか。
でも絵は中々いいのである。

画廊に行くと信濃毎日新聞の記者がいて、
なんでも今回の企画展は彼がその新聞に連載した作品の展示会らしい。
そして今、信濃には彼の絵のラッピング電車が走っているという。
実に羨ましい限りだ。

6月23日に田窪のシンポジウムがあるというので
ダブルブッキングしていたが前半だけでも聞きに行った。

20170826154953_00001
















入口で彼に会うと「おう、来てくれたんだ。」と喜んでくれた。
どうやら聖心女子大の壁に彼のモザイクの作品が完成した記念のようだ。
最後にそのモザイクの前で記念撮影。

IMG_0330














きむらゆういち

6月11日 田中健氏コンサート

またまたオサボリブログです

6月11日 きむら先生は田中健氏のコンサートに行きました
ここからはきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

田中健氏から案内が来た。
20170826154910_00001

先日、千葉の幕張でやるイベント「絵本のコンサート」にゲスト出演をお願いした手前もあり
これは行かなくてはと早速申し込む。
当日、会場のNHKホールはほぼ満席。
すごい人数で溢れかえっている。
コンサートは3部構成で実話というだけあって感動を誘う。
終わって楽屋にあいさつに行くと、お子さんまで出て来て握手。
11月の絵本のコンサートも楽しみである。


きむらゆういち

6月10日 モンゴルえほんトークショー

今日もオサボリブログです

6月10日 きむら先生はふげん社で
「きむらゆういちモンゴル絵本を語る」トークショーを行いました。

ここからはきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ふげん社でモンゴル写真展をやっているので
その期間中にモンゴル絵本のトークショーをやることになった。

モンゴルを舞台にした絵本は「されどオオカミ」と「風切る翼」の2冊ある。
その2冊の制作秘話を中心に、地球の歩き方モンゴル編を編集している川田秀文氏をゲストに呼んでのトークとなった。
実は彼はボクが中学生のときの家庭教師なのだ。
そんな訳で彼が地球の歩き方の取材でモンゴルに行くとき、
ボクもついて行ったのだ。
その時に講座生や編集者にも声をかけたので10人で彼について行った。
ゲルに泊まり、馬やラクダに乗ったりとそんなエピソードを交えながらのトークとなった。

081babb1

きむらゆういち

5月28日〜6月3日 ニューヨーク

本日もオサボリブログです

5月28日〜6月3日 きむら先生はニューヨークに行っていました
それではここからきむら先生です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

アメリカのニュージャージーにボクの親戚がいるという。
どうやら従姉弟らしい。
彼女がアメリカに渡ったエピソードがあまりに美しいので一度会ってみたいと思ったが
彼女はもう81歳。
早く会わないと会えなくなってしまうと思って、早速ニューヨークに。

さて、そのエピソードとは。
第二次世界大戦が終わり、彼女(従姉弟)はMPの米兵と出会って恋に落ちた。
しかし当時日本の女の子とアメリカ兵が付き合ったら遊ばれるのが普通。
アメリカに帰ってしまえばそれで終わりというのが当然という時代だ。
そこで彼女と付き合いたいという彼の申し出を彼女のおじさんは許さなかった。
ただし、アメリカからもう一度日本に戻ってきてプロポースしたら認める。
という条件をつけたという。
すると彼は何かの記事を見て、日本でも働く方法があることを知って、それなら生活もできると考え、
貨物船で3週間かけて太平洋を渡り、日本へ。
そして彼女にプロポーズしたという。
2人の間に子供が生まれ、子供も学校に行かせるにはアメリカに戻らなければならないという理由で2人はアメリカに。
アメリカで彼は車のタイヤ関係の大きな会社に入り、彼は大活躍。
数万人いる社員の中で2度もトップセールスマンになる。
会社のご褒美でラスベガスに行った時のマリリンモンローとの記念写真がある。
DSCN0061

今では孫やひ孫に囲まれて

DSCN0054

素敵な家に住み
DSCN0073

そして、80代になった今でもラブラブなお二人であった。
DSCN0058


ニュージャージーからニューヨークへ。
ポプラ社のはからいでアメリカでの出版をしている会社の方がアテンドしてくれた。
ブルックリン橋を渡り、
DSCN0107

船で戻り、
DSCN0112

ランチをして
DSCN0138

そして最後はブロードウェイでミュージカル。
オペラ座の怪人を観た。


ニューヨークの紀伊国屋書店で自分の本を発見!
DSCN0187
DSCN0174
そして講座生の本も発見!!
IMG_0296

イベントするには滞在日が平日だけのため今回は断念。


次の日は美術館巡り。
なんと一番驚いたのは、美術館の中は写真撮影OK。

ピカソでもゴッホでもセザンヌでもロスコーでもポロックでもウォーホルでもいくら撮ってもOK。
DSCN0253DSCN0251DSCN0219

試しに係りの人の隣でパチリと撮ってみたが、全然おとがめなし。
そんなことで驚いていたら、な、なんと犬を連れた客が!
えーっ!ペットもOK?
そう日本では絶対ありえないのですが美術館はペットもOKなのでした


きむらゆういち

7月17日 ミロコマチコおまじない展

7月17日(月)は・・・
祐天寺からすぐの都立大学にあるギャラリーへ『ミロコマチコおまじない』展に行ってきました!
 
IMG_9107

当日は、展示最終日で、トークショーもあるとのことで(満員でした)、おそらくミロコさんご本人とお会いできるのではないかと向かいましたが・・・
やはりいらっしゃいました!

今、売れっ子であちこちで展覧会をされていて、お忙しいミロコさん。
絵もほぼ売約済みシールが貼られており・・・
さすが!

さすがついでに、ゆうゆう作家トークショーのゲストにおいでいただけないか、
お忙しいことを承知の上で伺ってみたところ・・・?!

来ていただけることになりました
しかも、ライブペインティングもしていただけないか伺ったところ、「おもしろそうですね!」とひとつ返事でOKくださいました!
ちゃっかりですみません。
来年の4月を予定していますので、みなさん楽しみにしていてくださいね

ライブペインティングの前で記念写真。
ミロコさん、ありがとうございました。
トークショーを楽しみにしております^^

unnamed2

8月21日 岩崎書店・造形本(撮影2日目)


8月21日(月)は、きむら自宅の地下の部屋にて、造形本の2回目の撮影会。

工作のアイディアは、きむらが長年蓄えていたものたち。
しかけ絵本や雑誌の付録をたくさん出しているきむららしく、動くのが魅力の作品ばかりです。
作品であそぶのに夢中になってしまい、カメラを見るのをつい忘れてしまう時も(笑)
 
でも、元気いっぱい、可愛いポーズ、よい笑顔で映ってくださいましたよ
モデルが優秀だと、撮影も順調。無事終わりました!
できあがりが楽しみです^^

撮影後は、岩崎書店の鹿島さん、カメラマンの日發気鵝▲皀妊襪気鵑寛搬押▲好織奪佞砲撞念写真☆
スイカとブドウとナシのおやつを食べて終了!
お疲れさまでした!

IMG_9056

きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ