きむらゆういちのアトリエ通信

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』シリーズの作家
きむらゆういちの公式ブログです。
イベントのようすや日常のひとこまをお伝えします。

きむらゆういちが主宰する絵本講座も
どうぞよろしくお願いします。
通信講座も始め、現在生徒を募集中です。


絵本講座のサイトはこちら
通信講座のサイトはこちら

お別れ・・・

1月15日の 利府での公演から帰った翌日16日・・・
きむら先生には 悲しいお別れが待ってました・・・。

1月16日 画家・堀越千秋さんのお別れの会でした。

堀越さんときむら先生は 予備校時代(18歳の頃)の同級生で 
きむら先生にとって 同級生とのお別れの会と言うのは 
初めての事であって・・・かなりショックを受けてる様子が 
側にいる我々スタッフにも伝わってきました・・・・・・。

堀越さんは スペイン在住で 
ANAの〈翼の王国〉と言う機内誌の表紙絵や
読売新聞の連載などでも知られる著名な画家でした。 

きむら先生は 2014年11月に 
堀越さんが居るならと スペイン旅行を計画したのですが・・・
あいにく ご本人は日本に帰国中で不在・・・と言う事で 
堀越さんの奥様に案内してもらいスペイン旅行を楽しんできたのですが・・・
まさか その奥様に次にお会いしたのが お別れの会だったとは・・・。

堀越さんときむら先生は 
「せっかくだから 一緒に絵本を作ろうよ」と言う話になり 
きむら先生は
「作るなら ボクの映画は観といてくれよ」と言ったそうで 
堀越さんは1人で映画館に観に行ってくれたそうです。
そんな2人の約束から きむら先生が作品を書くまで3〜4年かかり 
それを堀越さんに渡してから 絵ができるまで また2〜3年かかり 
こんどは出版社が印刷までに1年半かかり・・・
やっと出版まで至ったのが 2016年7月でした。

そんな経緯もあり きむら先生は 
堀越さんが帰国したら 出版祝の食事会でもしよう・・・考えていました 
そんな時に 出版社から電話入り 
てっきり そのお祝いの話だろうと思ったのですが・・・なんと・・・
堀越さんが亡くなられたとの・・・訃報だったそうです・・・ 

その絵本は
『もりがもえた』(架空社)

07221818_5791e4e2c7303







スタッフとして原画も見ておりますし 
表紙はどれがいい??なんて意見を求められたしまして 
我々としても思い入れがあり そして 
堀越さんの まさに力作だと確信しております。

堀越さん最後の絵本・・・
是非 一度 手に取られて ご覧になってください。

そんな堀越さんが その打ち合わせで 
事務所に来られた時の写真です。
ほんとに良い笑顔です。

10454450_423767647763575_7260063607664359297_n













ところが・・・
なんと足元はゴム草履履きで 
手には鞄代わりにスーパーのレジ袋で・・・  
きむら先生が 
「えっ!その格好で来たの?レジ袋お〜!」
「いやあ〜これ2重になってんだよ」
となんともお茶目な堀越さんでした・・・・ 
合掌・・・。

宮城県です。

オサボリブログです。

通信講座のスクーリングも終わり・・・
きむら先生の なにかとスケジュールに追いまくられる1年のスタートですが・・・
締切りの合間を縫って もうすでに あちらこちらと 
講演やらパーティーやら なにやらと 飛び回っています 
そんな 正月明けで まだ若干のお正月気分が残っている1月15日は 

東北新幹線で仙台まで・・・そこから乗り換えて・・・
利府駅と言う初めて降りる駅で降車・・・そして 
近くの利府町公民館での 講演です。

「あらしのよるに」のひみつ と題しての講演でした。

みなさんの温かい視線の中で 
今年最初の講演も 無事に終了しまして 
また 今年も きむら先生の過密スケジュールが動き出しました。 

 
きむらゆういち先生ポスター5 (1)

   

スク〜〜〜リングです

オサボリブログが やっと今年に入ってきましたあ!
いまさらながら・・・おくればせながら・・・
泣かせてしまった鬼もおそらくあきれかえってるでしょうが・・・
あけましておめでとうございます!!
てな事でして
1月最初は・・・

実は・・・
きむら先生が顧問をつとめる〈ゆうゆう絵本講座〉には 通信講座もあるのです!
その通信講座は 冬と夏と 2回のスクーリングを行っておりまして 
まだ少しのお正月気分が残ってる1月8日に 冬のスクーリング開催です! 
日本国中あちらこちらから 通信講座生は きむら邸に集合しましたですよ!
(実は現在 海外の通信講座生も在籍中です)

てな事で きむら先生の挨拶でスタートです!
IMG_2397











今回は過去最高の参加人数で・・・
全体での発表などが無理だったので 
3つの部屋に分かれて作品発表と講義です。
添削者の先生方も各部屋に分かれます。
ちなみに今回出席の添削者の先生方は・・・
・後路好章先生(作家、編集者ー特別ゲスト講師)
・上野与志先生(作家、編集者)
・中澤由梨子先生(編集者)
・波賀稔先生(編集者)
・東沢亜紀子先生(編集者)
・こすぎさなえ先生(作家)
そして
・きむらゆういち先生
・宮本えつよし先生 
でした。

こちらは絵本クラス リビング組
IMG_2408











IMG_2454











こちらは童話クラス 和室組 
IMG_2436











IMG_2488











もう一つは絵本クラス サンルーム組でした。

各クラスでの 発表と講義も終わり
さっ その後は 各グループから優秀作品を選び 
全体の最優秀作品を2名選びました。
(地下室で添削者会議を行いました・・・)

その講評です。
みなさん やっぱり・・・緊張してます。
IMG_2402











IMG_2406












さあさあ 結果発表です!!
IMG_2503











当講座の最新機器・・・書画カメラで・・・ 
IMG_2413











いやあ〜〜 そして なんとなんとも 
ビックリ!!な結果発表です!!

2名の作品が最優秀作品に選ばれたわけですが 
その内の 1つに選ばれたのが・・・ 

小学生!!!!!さくらこちゃんの作品!!!

そうなんです 小学生も通信講座生なんです!!
それだけでも結構な驚きなんですが・・・
大勢の大人の作品をおさえこんでの最優秀作品です!!
世俗の垢にまみれてない子どもには・・・勝てません・・・
ちなみに 将来への期待を込めて・・・が選考理由でした。
そして2名には 
ささやかな賞品と あたたかな拍手が贈られました。
IMG_2509











そんな 驚きの間にも キッチンでは 
準備が進んでおりました・・・・
IMG_2448











そうです!
恒例 講座後の懇親会です!!
そして
これも恒例の 宮本シェフ登場です。
IMG_2538











添削者の先生方は 
講座生たちから 質問攻めか?
IMG_2545











そんな合間に 
もうすでに何冊も出版してる ゲスト参加の
現役通学講座生の ケンタさんの読み聞かせ。
IMG_2562











そして 最後の最後まで残った方たちで 
これも 恒例 集合写真を
あらしのよるに〜〜〜〜〜で パシャ・・・で 
夜はふけゆきます。
IMG_2583

エム先生とゆうゆう絵本講座の忘年会

ホント・・・今頃 去年の忘年会をアップしているようじゃあ・・・
やっぱり 鬼は泣いちゃうよね。
てな事で 今年も残すところ7日ほど・・・なんてね。
はい 2016年12月24日の オサボリブログで〜〜す。

24日 世の中はクリスマスイヴでした・・・が・・・
ゆうゆう絵本講座では・・・
盲目のイラストレーター《エム・ナマエ先生》を迎えまして 
トークショーを開催しました。

えっ!? 盲目の先生は どんなふうに描くの??
と 皆さん思うでしょうねえ・・・
はい エム先生がそれを実演してくださいました!!
それはね・・・と書きたいところですが 
やめておきます・・・私の語彙の少なさでは書ききれましぇん・・・
ただね・・・きむら先生宅の玄関には エム先生がまだ盲目になる前の 
大きな絵が飾ってあるのですが・・・
なるほど この技量があるからこそ 盲目になっても 
これほどまでの絵が描けるんだあ・・・と納得できます。

そんなエム先生ときむら先生は 40年近い付き合いだそうで 
その出会いから始まり 
盲目になった時に きむら先生の一言で救われた話・・・
などなど いろんな楽しいおしゃべりで 
そのまま 忘年会になだれ込み 
2016年もワイワイと暮れ行くのでありましたあ・・・ 
皆様 よいお年をお迎えください・・・ってか・・・ 
これじゃあ 鬼も 泣くわいなあ・・・。

IMGP0194
 

  














IMGP0195













はい これが エム先生の貴重な実演映像です。
謎?をどうしても知りたい方は 
この映像から想像してくださいませ。
IMGP0196













IMGP0198

事後報告でやんす。

いやあ〜〜〜 ちょっとオサボリしてる間に きむら先生は いろんな事を いろんな場所で・・・ 
と言う事で これから ボチボチと アップして行きますですう〜〜。

先ずは 去年の12月の事から・・・・ 

去年の12月と言えば 《歌舞伎!!》でやんす!!
14日の事は アップしておりましたが その後も いろいろと・・・

それでは
☆18日から・・・
この日は きむら先生のお誘い呼びかけで観劇に来られた方が 
120人!!!
そのうちの 80人の方が 観劇後の食事会に参加!!と なんともニギヤカな
興奮状態でした。
実は この 《12月大歌舞伎ーあらしのよるに》は 
ホントにリピーターの方が多くて・・・
きむら先生は会場で
「私は4回目ですよ」とか
「京都で観て良かったので また観にきましたあ〜」などなどと 
あちこちで 声をかけられたあ〜 と申しておりましたが 
今回は イヤホンガイドで 中村獅童氏ときむら先生の対談が聴けるので 
イヤホンガイドの受付に獅童氏ときむら先生の顔写真のパネルが立っていたからで
しょうねえ・・・先生の顔を見かけて 
声をかけて下さる方も 少なからずいたようです。 
そんな事で 多くの方に 絵本へのサインも頼まれたようです。

☆25日・・・
この日のきむら先生は 第2部の ふぶき峠と寺子屋も見ましたが 
ふぶき峠では あのメイ役だった尾上松也氏が 間男の役をしていて 
次の寺子屋では 寺子屋の主人をやっていて それを観て・・・
「いやあ〜 役者ってスゴイ!!」とあらためて 驚いたそうですが 
メイの 妙な艶っぽさに 「松也に 惚れそう・・・」なんて声も聞かれて 
先生だけではなく みなさんが役者さんの 凄さに 魅了されていたようです。

☆26日・・・
さてさて 今回の大好評の《12月大歌舞伎ーあらしのよるに》は 
この日が 楽日と成りましたあ!! 
その楽日に先生は・・・
宮西達也先生や ポプラ社の会長、声優の浅野真澄さんなどなど 
豪華メンバーと観劇!!
そして 
この人数ならと 皆さんと 獅童氏の楽屋に挨拶に行かれたそうですが・・・
そこで 獅童氏から・・・なんとなんと 
「次は 再来年(2018年)の博多座です。」と言われたそうです!! 
今回 惜しくも見逃された方は 是非 是非 2018年の博多座へ!!!

と 鬼が笑うどころか 泣いてしまいそうな オサボリブログでしたあ〜。
って こうなったら オサボリついでに 鬼をもっと泣かせちゃえ!! と 
まだまだ オサボリブログをアップして行きますでやんすよ〜。 

 
 
 



 

【きむらゆういち】『ゆうゆう作家トークショー』参加者募集中!【森絵都】

★イベント参加者募集中のお知らせ★

『ゆうゆう作家トークショー』
 
第1回 きむらゆういち森絵都

日時:2017年2月18日(土)16時〜18時
場所:東急東横線 祐天寺駅より徒歩10分 きむらゆういち宅
対象:絵本講座生、一般の方
定員:若干名 ※定員になり次第締め切ります
締切:2月13日(月)

新企画『ゆうゆう作家トークショー』が2017年2月よりいよいよ始まります
きむらゆういちが絵本・童話作家を招いて、
対談 作品の紹介 質問タイム サイン会などを行います。

絵本作家、童話作家を目指されている方
また、絵本や童話がお好きな方
ぜひおいでくださいませ

一般にまだ若干の空きがございます!早い者勝ちですよお〜〜。

◆トークショー参加費
・一般の方 5,000円

お支払は、当日受付にてお願いいたします。
パーティーに参加される方は、プラス500円をお支払ください。

◆サイン会について
サインを希望される方は、作家さんの本を事前に購入いただき、会場へお持ちください

◆お申し込み方法
ゆうゆう絵本講座 事務局までメール(youyou@kimura-yuuichi.com)にてお申し込みください。
題名には、「ゆうゆう作家トークショー 第1回 申し込み」とご記載ください。
本文へは、「お名前」「ふりがな」「お電話番号」「メールアドレス」「講座生かご一般か」「パーティーへの参加有無」の情報を記載ください。希望された理由や現在のご職業などもよろしければお書きください
※お申し込み後、やむを得ずキャンセルされる場合はご連絡ください。


みなさまぜひご参加下さい

ギョギョッ! さかなクンとコラボ企画

12月22日(木)
フグが名物の・・・山口県の講演会から帰ってきたきむら先生。
次の日は、なんと

ハコフグの帽子と・・・
「ギョギョ!」のセリフで有名な・・・
さかなクンとの打ち合わせでした

2

きむら先生、お部屋に入る前に、エレベーターでさかなクンと鉢合わせして、「ギョギョ!」っだったとか( ゚ο゚)(笑)

さかなクンは、現在、ご存じのタレント活動に加えて、図鑑を出したり、イラストレーターになったり、CDを出したり。東京海洋大学の名誉博士もされ、ご多忙の中、ご活躍中の様子

そんなさかなクンと、きむら先生の間で、何やら「コラボをしましょう」というお話があがっているそうですよさてさて、どんなコラボレーションになるのでしょう〜

↓ さかなクンのオフィシャルサイトはこちらですよ
おさかなのイラストがいっぱい
http://www.sakanakun.com/

【講演会】公文教育研究会in山口県

12月21日(水)
きむら先生、2016年最後の講演会。

山口県山口市のグランドホテルへ行って参りました
公文式の先生方の研究会です。

公文さんでの講演は、実は、今回で3回目
2011年には横浜、2014年には青森にもお呼びいただきました。

『絵本の素晴らしさと読み聞かせの大切さ』などが講演のテーマ。

山口県1山口県2

きむら先生の『あかちゃんのあそびえほん』シリーズをご存じの方もたくさん

山口県3

『大人が子どもにしてあげられること』を、車のナビに目的地・現在地を入れてゆくことに例えたお話などに、いつも子どもたちのそばで指導をされている先生方は、強くうなづいたり、感嘆の溜息をつくたびに熱心にメモをはしらせていらっしゃいました

山口県4山口県5


講演会の後は、公文さんの小郡事務局へ移動。
先生方の交流会にて、食事とゲームに参加させていただきました
チームに分かれ、講演会の担当者さんをモデルに、目→鼻→口→顔・・・のように似顔絵を完成させてゆきます。

どのチームが1番似ているか
審査員は、きむら先生です

突然の重役に緊張ぎみのきむら先生・・・

優勝チームには、サイン入り絵本がプレゼントされました

山口県6山口県7

公文さんの教室には、教材として、実は絵本がたくさん。
日本の絵本だけではなく、海外の絵本も。

今回、公文さんにたくさん絵本を購入していただきましたよ!
きむら先生のサイン入り絵本が、棚に仲間入りです

いっぱい読んでいただけますように


「あらしのよるに」今後…まだまだ発展してゆきます☆




14日、歌舞伎鑑賞会を終えた後。

きむら先生は、いそいそと近くの喫茶店へ・・・

築地にある、ふげん社のコミュニケーションギャラリー&ブックカフェです

何やらお話しが始まりましたねぇ・・・


点字絵本1


っむむむっ・・・??

近づいてみてみると〜


点字絵本2


はいっ

『あらしのよるに』が来年の2月に、点字絵本として出版されるんです


点字絵本3


今日は、その準備で、講談社の横川さんと打ち合わせだったのだそう。

横川さん(右)は、『あらしのよるに』シリーズの第一巻を担当された編集者さん
そして、お隣にご一緒するは第二巻から担当された編集者の野口さん(中央)

横川さんは“生みの親”で、野口さんは“育ての親”。
歌舞伎を観たあとに、すごいメンバーがつどいました◎

点字絵本なのですが、色や模様がとてもきれい


点字絵本


・・・と見ておりましたら・・・

ビローーーーーン!


点字絵本4


・・・っと!

なんとっ

のびましたねっ

そして・・・良くみましたら、『あらしのよるに』シリーズのタイトルと絵が・・・


点字絵本5


こちらの点字絵本。

屏風上にたたんであり、伸ばすとこのように一枚になるのです

すごいっ、鳥獣人物戯画のようにすてきでオシャレ

『あらしのよるに』 まだまだ、さまざまに育ってゆきそうです(*^_^*)



さて・・・

さて・・・


こんな調子で、いつも忙しく活動されているきむら先生へ

オフィス遊のスタッフからサプライズを・・・





ジャジャーーン


カバーたてカバー横



きむら先生がいつもスケジュールを入れているIPadminiの・・・

オリジナルデザインカバーのプレゼントです

きむら先生の作品のキャラクター、オオカミの「ゴンノスケ」と

あらしのよるにの「メイ」と「ガブ」のイラストが入った皮のケースです

彫刻は、皮細工の雑貨を作っていらっしゃる、絵本講座卒業生の佐伯仁朗さんにお願いして作っていただきました


きむら先生
これからも、お体を大事に
たのしい作品を たくさん作ってくださいね


「あらしのよるに」 歌舞伎鑑賞会 14日の部!




みなさまこんにちは


12月2日より歌舞伎座にて開幕いたしました、『あらしのよるに』、もうご覧になられましたか

ぞくぞくと「楽しかった!」「もう1回観たい!」とのお声をいただいております
お知り合いやお孫さんをつれてまた観にきます!とチケットを追加購入されていった方もたくさんおりまして・・・ご愛顧と応援をありがとうございます


IMG_2147IMG_2149


さて・・・

14日は、きむらゆういち先生が顧問を務めているゆうゆう絵本講座の生徒さんや出版社さん、作家さん、総勢80名ほどで鑑賞会と食事会をいたしました

この会、18日にも予定されており、日曜ということもあって、100名を超えるきむら先生の関係者があつまって鑑賞をします

食事会に先生が登場すると、大拍手のお出迎え


挨拶2


乾杯の前に、今回の歌舞伎についてお話いただきました

京都の京都四條南座上演の時、シナリオで気になるところがあったけれど、歌舞伎のシナリオだし、意見なんてできないよ・・・と思っていたけれど、あることをきかっけに、勇気を出して脚本家の方にお手紙を書くことに・・・

そうしたらなんと
お話が通り、今回、ブラッシュアップされての上演にいたったそうです
とてもよくなって満足と原作者のきむら先生もニコニコ。
太鼓判の仕上がりです。


挨拶1


ちなみに・・・このブラッシュアップの過程は、NHKの撮影が入りまして、2月にドキュメンタリーとして放送予定です
こうご期待(≡^∇^≡)

それではっ!

先生の作品のますますの発展を祝って・・・

乾杯


乾杯


乾杯の後のお食事タイム
先生はみなさんのテーブルを回って歌舞伎のお話を聞いたり、サインをされたり・・・


テーブル5テーブル1
テーブル4テーブル2テーブル6
テーブル7

メイちゃんのポーズ(*^o^*)

テーブル3


「カブってあんなに可愛かったんですね〜!」
「松也さんのメイちゃん、かわいかった!」
「中車さんのギロも迫力があるのにおもしろい」
「あのシーンよかったよね」
「感動して泣いちゃった」
「雪山のシーンの表現がおもしろいね」

などとワイワイお話してますと・・・


IMG_2047


なんと 

ガブ役の中村獅童さんがいらしてくださいました
お忙しい時間をぬって来ていただき、ありがとうございました!m(__)m



東京歌舞伎座での公演の千秋楽は26日。
残すところ10日をきりました。

2015年7月に京都南座で行われた『あらしのよるに』歌舞伎。
後半は満員御礼でお席がとれなかったようです。



チケット、まだまだ購入できます
観に行こうか迷っておられる方、ぜひこの機会をのがさずにお早目にどうぞ

歌舞伎「十二月大歌舞伎」 第一部『あらしのよるに』
情報やチケット購入情報は・・・こちらから

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/504



あとあと前回ご案内した、きむらゆういち先生と中村獅童さんによる対談が聴ける、
イヤフォンガイド
も「よかった!」と利用した方からお声をいただいてます
ぜひ使ってみてくださいネ

http://www.kabuki-bito.jp/news/3697



1階グッズ売り場では、歌舞伎座のために、あべ弘士さんが描きおろされたイラストによるクリアファイルや、マグネット。手ぬぐいなどを購入できますよ〜◎
先生のサイン入り本は、初日ですべて完売だったそう
おぉお〜!うれしいですね


IMG_2157


こちらブログを書いているスタッフも、今回、初めて歌舞伎を観たのですが、
「歌舞伎ってこんなに面白いんだ〜!」
「あらしのよるにってやっぱりよいお話だ!!」
と感動し、もう一度観に行くことにしましたよ(o^∇^o)


s-IMG_3066


メイガブにまた会えるのがとっても楽しみです


きむらゆういち プロフィール
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。
造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。
元純心女子大学客員教授。


『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。同舞台脚本で斎田喬戯曲賞受賞。同作品は映画化もされ、脚本を担当。同映画は「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」を受賞。

『オオカミのおうさま』(偕成社、絵・田島征三)で第15回日本絵本賞受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は600冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。

作品に『あかちゃんのあそびえほんシリーズ』、『オオカミのおうさま』(偕成社)、『あらしのよるに』シリーズ、『風切る翼』、『よーするに医学絵本』(講談社)、『オオカミグーのはずかしいひみつ』(童心社)、『どうするどうするあなのなか』(福音館書店)、育児エッセイ『たいせつなものはみんな子どもたちが教えてくれた』(主婦の友社)などがある。

最新作はコチラ
著書データベースはコチラ


<代表作>

『あらしのよるに』シリーズ




『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ






以前の記事をさがす
記事検索
  • ライブドアブログ